LINEで送る
Pocket

2016年3月に初代ベストアルバム「A BEST」のリリース15周年を記念した、浜崎あゆみのベストアルバムがリリースされた。

スポンサーリンク

というわけで、せっかくなので90年代、CDバブルの最後の歌姫として音楽業界にその名を刻んだ浜崎あゆみの歌詞をみていきたいと思う。

自分で作詞をするという女性アーティストは多いが、浜崎あゆみの歌詞はシンガーとは一線を画している印象があった。

その理由についてもみていこうと思う。

「A Song for XX」を取り上げます。

作詞:浜崎あゆみ 作曲:星野靖彦

どうして泣いているの
どうして迷ってるの
どうして立ち止まるの
ねえ教えて
いつから大人になる
いつまで子供でいいの
どこから走ってきて
ねえどこまで走るの

これが最初のフレーズである。

どこか悲壮感の漂うフレーズ。

書いていることの意味を追うこと自体はそこまで難しくないと思う。

ちなみにこの歌は浜崎あゆみのファーストフルアルバム「A Song for xx」に収録されている曲であり(シングルではない)、リリース当時の浜崎あゆみの年齢は弱冠20歳。

まさしく大人と子供の狭間を揺れている浜崎あゆみだからこそ、いつから大人になり、いつまで子供でいれるのかを問うことが響くわけである。

泣きながら人生の途中で立ち止まっている、大人とも子供とも言えない主人公。

90年代の閉塞として若者の空気を見事なまでに代弁しているフレーズなわけである。

それは次のフレーズにも現れる。

居場所がなかった 見つからなかった
未来には期待出来るのか分からずに

最初のフレーズと同じことを言っているわけだが、余計なことは言わないからこそ歌詞の意味が胸に入ってくるわけである。

いつも強い子だねって言われ続けてた
泣かないで偉いねって褒められたりしていたよ
そんな言葉ひとつも望んでなかった
だから解らないフリをしていた

まるで、アーティストとして、日本のポップアイコンとして成功を収めつつあった浜崎あゆみ自身をなぞらえているようなこのフレーズ。

おそらく、誰よりも売れていたからこそ、誰よりも悩みをかかえ、それを胸の奥にしまいこんでいたことであろう。

今だったらアーティストの思いの丈は簡単にSNSで発信できるが、当時はアーティストの気持ちを代弁するツールはあまりなかった。

だからこそ、歌詞は自身を表現する最大の武器になったわけだが、浜崎あゆみはそこに「自分はこんな悩みを抱えている」と、聴き手に予感させることで、浜崎あゆみのキャラクターについて理解させ、共感させ、若者を中心に絶大的な支持を集めたわけである。

スポンサーリンク

歌詞の続きをみてみよう。

どうして笑ってるの
どうしてそばにいるの
どうして離れてくの
ねえ教えて
いつから強くなった
いつから弱さ感じた
いつまで待っていれば
解り合える日が来る

もう陽が昇るね そろそろ行かなきゃ
いつまでも同じ所には いられない

この歌詞の主人公(私)は誰かと対話しているような印象を与える。

実際、ねえ教えて?と問うているし、このフレーズではそろそろ行かなきゃ、と言っている。

ということはこの歌詞には問うている相手として、「君」がいるわけだが、一体この「君」とは誰なのだろうか。

当然ながら恋人ではないだろう。

ここでポイントなのは、冒頭のフレーズ、どうして泣いてるの?は主人公が君に対して投げかけた言葉のように見える点であり、ここで君が動く主体者としているように見えるわけだ。

残りの歌詞をまとめてみてみよう。

人を信じる事って いつか裏切られ
はねつけられる事と同じと思っていたよ
あの頃そんな力どこにもなかった
きっと 色んなこと知り過ぎてた

いつも強い子だねって言われ続けてた
泣かないで偉いねって褒められたりしていたよ
そんな風に周りが言えば言う程に
笑うことさえ苦痛になってた

一人きりで生まれて 一人きりで生きて行く
きっとそんな毎日が当り前と思ってた

一人きりで生きて行くのが当り前と思ってた、ということは逆に言えば、この主人公はいまもう「一人」ではないわけである。

どこまで走るの?と問うているときはしっかりと現在形で尋ねているが、歌詞全体を通して、過去のことを指して書かれている。

そして、タイトル。

誰かのための歌となっているわけだが、この「誰か」の部分がxxと伏字になってしまっていてわからない。

なぜここを隠してしまったのか。

おそらく聴いている人それぞれにここの部分は埋めてほしいからそうしたのだと思う。

となれば、この歌では君という存在をやたらちらつかせながら具体的に君を登場させなかった理由もわかってくることだろう。

そして、不覚にも当時は聴き手にxxを託した浜崎あゆみの歌詞をいま、改めて読んでみると、それは15年後の自分に返ってきているように読み取ることもできる。

いまではポップアイコンとしての役割は終え、活動拠点を海外に移してマイペースに活動しているように見える。

おそらく全盛期のときの方が、負う傷も多くら心身ともにまいることも多々あったはずだ。

それでも、どこまで走る?と問いながらも走り続けてきた結果、今の彼女があるわけだ。

同じ場所に入れないことをこのときから悟っていた彼女は、それでもなお音楽業界にその名を刻み、今も歌を歌うのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket