前説

スポンサーリンク

先日、ベースが好きなバンドを書いたので、今回はドラムが好きなバンドを紹介したい。

今回は、上手いとか下手とかというよりも、「好き」ということを重視して選出した。

それでは、どうぞ。

本編

ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATIONはわりと90年代のオルタナティブロックをシンプルに吸収したバンドとイメージである。

特に初期はそういう色合いが強かった。

けれど、よく耳をすませてみると、ドラムだけはリズムのハネ方が違う。

そういう凄さがあった。

今のアジカンは逆にドラムがシンプルになって、リズムというよりも音の高低さを際立たせるようになっているが、初期のアジカンは、ギターのシンプルさに対してドラムがトリッキーというギャップがあって、個人的にそこかすごく好きだった。

特に「ブルートレイン」はドラムのトリッキーさが際立つ一曲だし、この曲をコピーしようと思ったらドラムがやたらと大変なことになるはずだ。

なんにせよ、アジカンのドラムのが、伊地知潔の紡ぐリズムが好きだったという話。

ゲスの極み乙女。

正直、ゲスは演奏という面だとベースとキーボードの存在感が強いと思うし、バンド全体で語ると川谷の才能があるからこその部分が強い。

でも、全ての楽器隊が個性的なのに、トータルでみたときにまとまっている理由を考えた時、ドラムが果たしている役割が大きいと思う。

リズムを細かく刻むことで、ゲスの個性的な演奏を上手く整えている。

また、演奏だけに限らず、ボーカルも務める的な意味でバランスを取ることも多いし、ゲスのドラムであるほな・いこかは凄い。

凛として時雨

Twitterでは積極的にイヤホンを販売する人とイメージの方が濃くなったけれど、やっぱりドラマーとしてかっこいい演奏をする人といえば、ピエール中野の名前を上げたくなる。

迫力とかパワフルな手数の多さは、圧倒的だと思う。

しかも、迫力重視のパフォーマーかと思えば、リズムに対しても正確で、色々なバンドやグループのサポートを担当していることからも、いかにプレイヤーとして重宝されているかがわかる。

時雨メンバーはソロ活動をみることが増えたけれど、やっぱり3人揃ったときのグルーヴはすば抜けているんだよなーと、過去の曲を聴くたびに思ってしまう。

フレデリック

フレデリックはメジャーデビュー後にドラマーが変わったバンドである。

途中から加入のドラマーってバンドにハマるかどうかはケースごとに違うと思う。

まあ、「浮く」ってことはないにせよ、前任者とは違う個性になってしまうから、どうしても聴き手からして合わない可能性だってあるわけだ。

でも、フレデリックに限って言えば、高橋武に限っていえば、フレデリックに加入することで、バンドの音楽性の幅を大きく広げたように思う。

高橋武は色んなリズムアプローチを軽やかに行うタイプのドラムだから、よりフレデリックの持つグルーヴを引き立てているように感じるわけだ。

ソロテンポの歌でもダンスビート的な気持ちよさを堪能できるのは、高橋武が刻むビートが果たしている役割が大きいと思う。

あと、ポケモンのヤドン推しなのも、個人的にポイントが高い。

スポンサーリンク

ニガミ17才

ニガミ17才もリズムの妙で魅了するタイプのバンドである。

つまり、バンドが紡ぐリズムが命となる。

そのリズムの屋台骨となっているのが、ドラムの小銭喜剛である。

小銭喜剛のリズムの刻み方が見事だからこそ、ニガミの音楽が鮮やかに輝いていると思う。

なお、小銭喜剛は後藤まりこがボーカルを務めていたミドリのドラムでもあった。

現場でのキャリアをたくさん積んでいるからこそ、ここまで安定的でヒリヒリしたドラムが叩けているのだろうなーと思う。

CHAI

演奏のかっこよさに定評があるCHAI。

その中でもドラマが特段にかっこいい。

細かなビート刻みも上手いし、楽曲の展開を作っていくのも上手いし、色んなビートを鮮やかに生み出していくのだ。

見た目のコミカルさにスポットが当たるCHAIだが、純粋にバンドとして猛烈にかっこいいのである。

Dragon Ash

現代ロックシーンにおけるミクスチャーロックの祖、くらいの立ち位置になってきたDragon Ash。

若い頃から積極的に海外の音楽を吸収し、その上でその音楽を「海外のもの」として出てはなく、「日本のロック」として吐き出してきたDragon Ashは、どの楽器のどの音もかっこいい。

でも、その中でドラマーの桜井誠の果たしている役割は大きい。

Kjがカリスマとして輝いているのは、間違いなくドラマーが桜井誠だからだと思う。

色んな意味で。

なお、料理人としても一面も持つ。

思えば、アジカンのドラムの伊地知潔も料理人として活動していたような・・・

ドラマーって副業しがちなのだろうか。

UNISON SQUARE GARDEN

ユニゾンのドラマーである鈴木貴雄は、ゲーマーとしての顔も持つ。

まさにドラマー副業時代に活躍する一人なのだが、彼のドラムもすこぶるかっこいい。

ユニゾンは斎藤宏介や田淵智也にスポットが当たることが多いが、バンドの音という意味では、僕は鈴木貴雄が生み出す音が一番好きである。

とにかくひとつのパートの中にこれでもかと音を詰め込み、展開を作り出すドラマが好きなのである。

音を連打しまくるのに、演奏はシャープで、尖ったシャーペンの芯のような演奏がたまらないのである。

まとめ

というわけで、個人的にドラムの音が好きなバンド特集、なのでした。

ただただドラマーが好きだなーと思うバンドを並べました。

あなたが好きなドラマーは誰ですか?

よかったら教えて下さい。

では、今回はこの辺で。

ではではでは。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket