2024年個人的ベストソングvol.5

ベストソングvol.4の紹介から1週間ほど時間が経ったので、今、個人的に気に入っている楽曲をいくつか紹介したいと思う。

一旦、楽曲名だけを記事と一言文だけでアップして、細かな本文については夜くらいに追記する予定。

とりあえず、このブログの管理者はこんな曲を今聴いているんだ〜ふ〜んくらいのテンションで眺めてもらえたら幸いである。

では、どうぞ。

本編

Ado 「ショコラカタブラ」

バレンタインシーンの新たな金字塔的一曲。

アイナ・ジ・エンド 「宝者」

華やかな雰囲気で幕開けた、煌びやかなナンバー。

ズーカラデル 「スーパーソニックガール」

短い距離感から、ショートなパンチを繰り出したような破壊力。

CVLTE, NUU$HI 「digital paranoia.」

己の美学を追求したような音像と聴き触り。

coldrain 「VENGEANCE」

かっこよいのは当然として、妙な色気も感じさせるパワフルさ。

Nothing’s Carved In Stone 「Dear Future」

硬派でかっこいいサウンドをぶちかますバンドが好きなら、ぜひ聴いてほしい楽曲。

KOTORI「DAWN」

バンドとして、よりテクニカルで重たいアプローチを研ぎ澄ませた感。

kobore 「STRAIGHT SONG」

バンドとして、エネルギッシュに赤裸々に突き抜ける感じにぐっとくる。

黒子首 「バタフライ」

歌謡曲みもチラつかせる、ドラマ主題歌。

Yan Seku 「スティンキーシューズ」

一度聴くとクセになる、絶妙なバンドアンサンブルと、気だるげな感じのボーカル。

さとう。 「3%」

優しい気持ちになれる、弾き語りモードな歌と言葉。

a子 「惑星」

澄み切ったようなボーカルと、バシバシに決めていくアレンジにより、生み出される不動の世界観。

新東京 「NTM」

エレクトロニクスなアレンジで洒脱なグルーヴを生み出していく。

ExWHYZ 「Unknown Sense」

とにかくライブで映えそうな強烈なアッパーチューン。

BAD HOP 「Last Party Never End feat. Tiji Jojo, YZERR, Yellow Pato & Vingo」

チルった雰囲気の中で、この痺れる空気感を作り出せる凄さ。

まとめに代えて

ということで、先週から今週にかけてきにいっている楽曲として、今回は下記15作品を紹介させてもらった。

Ado 「ショコラカタブラ」
アイナ・ジ・エンド 「宝者」
ズーカラデル 「スーパーソニックガール」
CVLTE, NUU$HI 「digital paranoia.」
coldrain 「VENGEANCE」
Nothing’s Carved In Stone 「Dear Future」
KOTORI「DAWN」
kobore 「STRAIGHT SONG」
黒子首 「バタフライ」
Yan Seku 「スティンキーシューズ」
さとう。 「3%」
a子 「惑星」
新東京 「NTM」
ExWHYZ 「Unknown Sense」
BAD HOP 「Last Party Never End feat. Tiji Jojo, YZERR, Yellow Pato & Vingo」

何かの参考にしてもらえたら幸いである。

では、今回はこの辺で。

ではではでは。

関連記事:2024年個人的ベストソングvol.4

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket