LINEで送る
Pocket

前説

スポンサーリンク

ぶっちゃけ初めて聞いた時は「はいはいはい。またこの手のバンド出てきたよ」な感があった。

やたら若い女の子が目につくMV。女ウケしそうボーカルがやっている、ちょっと切ない匂いのする歌詞で贈る、イケイケな感じのポップソング。

悪く言えば、当時のバンド音楽の単なる「売れ線」を狙っているようにしか見えなかった。

ただ、僕のその見方は安易だったというか、相当に間違っていた。

マカロニえんぴつはバンド名以外は素敵なバンドであることを、この記事では伝えていきたい。

本編

曲の幅が広い

まあ、このご時世「曲の幅が狭い」バンドの方がレアな気もするけども。

ただ、マカえんの幅広さは他のバンドの「広い」と少し違うように感じる。

なんというか、ポップス寄りのバンドの場合、リスナーを置いていかないようにするために、幅の広げ方に慎重さがあるように思うのだ。

初期ファンを置いていかないようにしつつも、新規ファンも獲得できるように広げていくというか。

でも、マカえんはあんまりそういう感じがしない。

2017年にドラムが脱退してからのマカえんは、ある種吹っ切れた部分が強くなった。

はっとりを中心に自分たちの音楽のルーツを大事にしようという作品が多く見受けられる。

はっとりが作ったデモを最大限活かすようにしながら、自分たちのルーツを大事にしたサウンドで構築していく。

なんというかさ、バンドの音ってこうでなくちゃいけない!っていう意識が強いほど、相対的にみた時のサウンドって、ありきたりに見えてしまうことが多い。

だから、曲の幅が狭く見えてしまう。

けれど、マカロニえんぴつはドラムがいなくなったことをきっかけにして、サウンドアプローチに変化が見られるようになった。

良い意味で、音に対して「絶対にこうでなくちゃいけない」という拘りが減ったように感じるのだ。

ルーツを大事にする、というのも必ずしもこうでなくちゃ!というわけではなく、その大事するやり方は曲によって全然違うしね。

まあつまり、それにより、マカえん独特の「幅広さ」に繋がったんじゃないかなーと思うわけだ。

で、そういうモードだからこそ、より、はっとりの作り出すグッドメロディーが活きてくる。そんな気がする。

スポンサーリンク

懐かしいのに新しい

音の質感やMVの手触り含めて、マカロニえんぴつって、どこかレトロな雰囲気が漂う。

ボーカルのはっとりが、(おそらくは)ユニコーンの「服部」から取った名前である時点で、「昔の音楽」をリスペクトしていることがわかる。

先ほども述べたが、マカえんはわりと自分たちの好きな音楽のオマージュを入れたり(「働く女」もタイトルはユニコーンのオマージュだしね)、アメリカのオールディーズを感じさせる音作りをしたりする。

そういうアプローチが活きているから、良い意味でレトロ感を感じるのかもしれない。

そうなのだ。

マカロニえんぴつの音楽になんだか懐かしい匂いを感じるのは、サウンドのモチーフに「ひと昔前の作品」があるからだ。

しかし、きちんと新しさも感じるのは、様々な過去の作品を上手にミックスさせて音に落とし込むセンスがあるのと、現代のライブバンドとして磨かれた絶妙なるバンド音楽的なアプローチを並列させているからだと思う。

言ってしまえば、レトロなサウンドに今風のリズムアプローチを織り交ぜているから、懐かしく新しく感じるのだ(もちろん、それだけではないし、曲によって要素は変わるだろうけども)

こういうバランスの取り方がうまいからこそ、マカロニえんぴつの音楽には、唯一無二性が宿るのだと思う。

青春の描き方が絶妙

多分、マカロニえんぴつのファンの多くは、はっとりのロマンチックで切ない歌詞にもやられていると思う。

僕も、マカえんの歌は素敵なフレーズがたくさんあるなーなんて思う。

「ブルベリー・ナイツ」もフレーズのひとつひとつがすごく綺麗で、光景が目に浮かんでくるし。

あと、新曲の「青春と一瞬」なんかもそうだが、音の踏み方が秀逸だし、なにより、儚いものの描き方がこれまた非常に上手い。

そりゃあこんな歌、青春時代に聴かされたらやられてしまうよなーと思う。

もう戻ることはない時間の描き方のうまさは、クリープハイプにも似たものを感じるし、はっとりの言葉の美しさは、尾崎世界観のそれとはまた違っていて、いい感じにマイルドなのである。

変に尖ってはいないからこそ、切なさの部分がより鮮やかに描かれている。

まとめ

いそうでいなかったバンド、マカロニえんぴつが2019年にリリースした作品は、全て「おっ!いいね!」と思わせられる作品ばかり。

マジのマジに、今年から来年にかけて、大きくブレイクするんじゃないかなーなんて思う。

何よりも、僕自身が惹かれまくっているため、他の人にも胸を張って勧めたくなる、そんなバンドなのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket