前説

スポンサーリンク

皆さんはどんなバンドが好きですか?

僕はクセのあるバンドが好きです。

というわけで、今回は、個人的にボーカルの声の伸ばし方に特徴があるなーというバンドを紹介していきたいと思う。

どういう伸ばし方を「クセがある」と捉えるかは各々によって違うと思うが、今回は僕の独断と偏見で決めていきたいと思う。

それでは、余計な御託は並べず、早速見ていきたい。

本編

Mr.Children

イェッヘッへ!を始め、声にならない叫び声をあげることで有名である。

ただし、意外とシングル曲では声にならない叫び声は自重する傾向があり、桜井の伸ばし声の真骨頂が聴けるのはアルバム曲。

初期のアルバムから最新のアルバムまで変わることのない伸ばし声を聴くことができるので、ご興味がある方はぜひ、アルバムを聴いて堪能してほしい。

関連記事:Mr.Childrenの桜井さんはどれだけ左を気にしているのか検証してみた

BUMP OF CHICKEN

「オーイエーアハーン」をはじめ、数あるクセのある声の伸ばし声を披露してきた、00年代のカリスマバンド。

初期の頃は、伸ばし声のねちっこさがウリであったが、近年の作品は、ボーカルの声が優しくなりすぎているため、伸ばし声のクセの強さはみるみる抜けてきている。

その分、安心感が10割増しとなってきている模様。

どちらにせよ、愛おしい。

関連記事:BUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」歌詞の意味は?PATHFINDERツアーとの繋がりについて

Mrs. GREEN APPLE

近年、声の伸ばし方にクセのあるバンドとして存在感を強めているのが、このバンド。

というより、単に伸ばし声にクセがあるというよりは、伸ばした声の先っぽまで、感情が宿っていて、その声に痺れてしまうタイプ、といった方がいいかもしれない。

確かに声の伸ばし方にクセはあるんだけれども、ミスチル桜井とは違って、伸ばした声にやらしさがないところも特徴。

流石、ティーンに愛されるバンドなだけある。

声質的には全年齢対象である。

関連記事:誤解されがちなバンド、Mrs. GREEN APPLEについて

スポンサーリンク

Official髭男dism

伸ばした声にエロさを感じさせることで人気急上昇なのが、このバンド。

バラードでもアップテンポでも、クセのある伸ばし声を披露しがちだが、その伸ばし方がいちいちエロいのだ。

あと、曲がめっちゃ良い。

多分そのうち、声の伸ばし方にクセのあるバンドとして天下をとると思う。

関連記事:Official髭男dismは今年もっとブレイクすると思う

クリープハイプ

伸ばした声にクセがあるというよりも、そもそも声そのもののクセが強い。

どういうタイプの曲でも、どういう譜割りの歌を歌わせても、声からクセが滲み出てくる、そんなタイプ。

でも、改めて最新曲と昔の曲を比べると、声に優しさが滲み出ている。

そういう意味では、BUMPと似ているのかもしれない。

関連記事:クリープハイプを好きな理由について

a flood of circle

まずは、これを聴いてみてほしい。

いや、声の伸ばし方のクセ、強すぎん????

実は、今回の記事を書こうと思ったのは、フラッドを聴いていたからなのだ。

マジで、キングオブ声の伸ばし方にクセのあるバンド大賞というものがあるのなら、今は、僕はフラッドを推しておきたい。

それくらいにクセ強!!!!と思っている。

だってさ、歌詞の言葉に対して、その音通りに発音しないじゃないですか?

なんか言葉通りに、音を発音しないじゃないですか?

そういう感じでその音を伸ばしちゃうの???マジかよ、カッケーっ!!!って思うんですよ。

そういうタイプのバンドです。

まとめ

というわけで、声の伸ばし方にクセのあるバンドをいくつか紹介しました。

総じて言えるのは、声の伸ばし方にクセのあるバンドって良いバンドが多いよなーってこと。

それがこの記事の結論でもあります。

いや、ほんと、好きなバンドがことごとくここにノミネートされるんですよ、不思議なことに。

そんな声の伸ばし方にクセのあるバンド。

今後にも、幸あれ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket