LINEで送る
Pocket

僕は大阪在住なので、大阪のどこのライブハウスでライブをやるのかで、そのアーティストの勢いを図りがちだし、このキャパのライブハウスも完売させるなんて、このバンド、すげえなーって思いながら観察しがちである。

スポンサーリンク

で、最近大阪では新たなデカ箱としてZepp Osaka Baysideなるものが建設。

1階と2階を合わせた3000人くらい入れられる大型ライブハウスであり、ここをソールドアウトさせることができたら、間違いなく「勢いあるバンド」の称号を得ることができる、初代ポケモンの四天王でいえばワタル的存在のライブハウスなわけである。

さて、ここベイサイドで、秋口も色んなバンドがワンマンライブを行う。

ここで、各バンドの券売状況をみていきたい。

My Hair is Bad→ややこしいチケット申し込み方法を採用しているためか即完ではなかったものの、地方にいる椎木に抱かれて人生狂わせたいガールが遠征する覚悟を決めたたため、見事ソールドアウトを達成。(知らんけど)

THE ORAL CIGARETTES→量産型やまたく人間と、やまたくに抱かれて人生狂わせたいガールと、Twitterの名前を「あきらかに」して、あきら勢を明らかにしちゃう、明らかに痛いあきらか勢の台頭により、こちらもやはりソールドアウト。

Suchmos→世間ではGood nightの一発屋みたいな扱いにしがちだけど、そんな「広くて浅いお前」こそが一番Good nightなんだよ、って感じで、圧巻のソールドアウト。

MONOEYES、the HIATUS→なんでどの若手バンドよりもチケット安いんだよ!車なら俺が運転するから、少しは休んでくれよ!と願うまもなく、やはり即完。(エイタスはチケット一般発売日は9月30日だけども)

BUMP OF CHICKEN→まだ一般発売していないけども、誰が何と言おうと秒で即完するのは目に見えている魔物。ちなみに、彼らの今回のツアータイトルは「探検者」とか「開拓者」という意味だが、これはチケット難民が何とかしてライブに参戦しようとしてチケットを探す「探検者」になることを揶揄しており、また、自分の地元公演だけでは飽き足らず、他の公演も遠征してしまう「開拓者」になるサマをも揶揄しているのだと思う。

最初のツアー発表時から、ライブハウスでもライブすると決めていたはずであり、どれだけ静観を決めていたファンでも「探検者」や「開拓者」になることがわかっていたから、スタッフは「ププププ」と笑いながらこんなひどいツアータイトルを付けたのである。そうに違いない。え?違って?ごめん。

さて、他にもライブスケジュールはこんな感じになっている。

ご覧のように、並々ならぬバンドが名を連ねており、ほとんどのバンドの公演が、即日ソールドアウトすることが予測される。

聖夜のライブはユニコーンである。

それにしても、ユニコーンはライブのことを「勤労」と言い切ってしまう姿勢が良いと思う。

せっかく聖夜なのだし、普段はアドレナリンなんて枯渇しているおば様方の興奮剤となるようなステージを観せてほしいし、最近はご無沙汰になっている熟年夫婦が一緒にライブに行くことで、身体の中に「火照り」を覚え、数十年ぶりの聖夜に熱い夜を送るような、そんな素敵なライブをユニコーンには見せて欲しいと切に願う。

スポンサーリンク

ところで、どのバンドも完売しているのかといえば、完売していないバンドも何組かいる。

例えば、ゲスの極みとKANA-BOON。

このふた組の名前を挙げたら「あっ、察し……」となる方も多いかもしれないが、ご存知、不倫組である。

やはり女性ファンは潔癖主義者が多いのか、マジでチケットの売れ行きが悪くなっているこのふた組。

だって、このふた組、不倫騒動前は大阪城ホールでワンマンをして、ほぼほぼ完売に近い数字を挙げていたのである。

にも関わらず、今はこのアリサマ。

逆にいえば、カナブンやゲスがブイブイ言われてる頃は、まだまだ辛酸を舐めていたマイヘアやオーラルがブイブイ言わせまくっているわけで、単に時代が移ろいだのだという指摘もある。

ワンマンの売れ行きが悪くなる理由は三つ考えられて、ひとつは「昔は当たり前のようにライブに足を運んでくれていた勢が他の若手バンドに心変わりをして、貢ぐ対象を変えてしまった」のか、「遠征する情熱ある人間の数が減り、昔は遠征勢のおかげでソールドしてたが、そういう伸び代がなくなったことにより、即完しなくなった」のか、「単に新曲が微妙でライブ行くほどてもないや」と思われてしまったのか。

ここの理由の掘り下げは別の記事に譲るとするが、2013年くらいにブレイクしたバンドですら、もはやある種の回顧の対象となりつつあるような時代がやってきているというわけである。

時の流れは早いのだ。

新しいバンドが出てくるということは、それまで不動の人気だったバンドに陰りが出てくるということでもあるわけで、ライブハウスのスケジュールを見ていると、そういう力関係が見えてくるんだよね、というそういう話。

そう考えたら、ずっと売れ続けてるBUMPは化け物だよなーと改めて思うのでした。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket