LINEで送る
Pocket

MステにKYETALKとオーラルが出演する。

スポンサーリンク

このニュースを受けて、自称ファンは専らこんなことを呟き、嘆く。

「ますます顔ファンが増えちゃうよ!!」と。

少し待ってほしい。

よ〜く彼らの顔面をみたら、顔面偏差値は日東駒専・産近甲龍のちょい上くらいである(わからない人はググってみてください)。

ジャニーズとか若手イケメン俳優の顔ファンに体制を持つ真の顔ファンは彼ら程度の顔面などへっちゃらだと思われる。

そもそも、顔ファンが増えるという心配をするということは、自身もそのバンドの顔面に惹かれているからそのバンドを聴いている、という自覚が少なからずあるからであり、まさしくあなたたちこそが顔ファンなのではないだろうか?

これで、あなたの好きなバンドがKEYTALK、オーラル、フォーリミ、ドロスなのであれば役満である。

バンドのテレビ出演における心配の姿勢がなっていないと思うのだ。

この辺りは、ユニクラを見習ってほしい。

ユニクラであれば、田淵の動きすぎ問題に心配する人はいても、斎藤くんの顔ファンが増えると心配する人なんていない(いや、いたかもしんないけど)

そのバンドが本当に好きならば、テレビ出演→ファンが増えるから嫌だ、よりも「テレビで彼らの演奏がじっくり見れるなんて嬉しい!」と思うのが普通だと思うのだが。

おそらくこういう人は、心のどこかで、好きなバンドは自分たちのモノであるという独占欲が働いていると思うのだ。

それこそ、あなたたちが(そういや、やまたくもMCで客のことを「あなたたち」っていうよね)顔ファンなんかではなく、そのバンドの音楽が純粋に好きならば、お客さんが増えたところで問題なんてないはずだし、そのお客さんが「顔ファン」だろうがそうじゃなかろうが、そんなことは瑣末なものなのでしかないと思うのだ。

バンドは自分のものである、というエゴがどこかにあるから、そんな考えに至ってしまうのだ。

思えば、チケットの当落なんかでも、チケットが当選した人が「当たった!やった!」なんて喜びの声をあげていたら「当たらなかった人の気持ちを考えてください。不愉快です」みたいな、ジャイアンでも吐かないような俺様絶対主義を振りかざす頭の弱い人がいるが、これだって「自分のためだけにバンドがいてくれたらそれでいいのであり、それを阻止するような事例は殲滅に値する」という危険思想から売れた感情だと思うわけだ。

バンドがテレビに出て欲しくないという思いと、チケット当選のアピールをしないでくださいという意見の根底は同じなのである。

とまあ、バンドがテレビに出ることに懸念示す人を一通りディスってみたが、とはいえバンドがテレビに出て、ファンが増えれば困ることがまったくないといえば、それはそれで確かにウソなのかもしれない。

スポンサーリンク

じゃあ、どんな困ることが起こるのか考えてみよ。

①ファンが増える

ファンが増えればライブのチケットが取りにくくなるから嫌だ、というのは確かにあるのかもしれない。

が、これならば顔ファンだけでなく全ての新規ファンが気に食わないということになる。

よくよく考えてみると、顔ファンが〜と文句をたれる人は、顔ファンじゃなければ新規ファンを受け入れるのかといえば、そんなことは全然ないのだ。

そういう人は、自分にとって都合の悪い新規ファンは全て罵る。

例えば、アンコールのやり方が気にくわないとか、曲のノリ方が気に入らないとか、○○のライブはこういう挑み方が正しいのであって○○をするような場所ではないとか、いろんな切り口で新参を罵る。

顔ファンだから〜じゃなくて、自分と感性の違うファンに、来てほしくないだけなのだ。

けれど、それだと槍玉にあげられそうだから、とりあえず「顔ファン」とか「マナー悪い人」とかを悪者にして、新参を罵るようにしているだけなのだ。

②たくさんのファンを抱え込めば、作る歌も変わる

それはあると思う。

より「売れ線」を狙った歌を作っていく可能性はある。

昔は18禁指定だったようなバンドが、テレビに出ることで毒が抜け、少年漫画のような清らかさのみしか表には晒さなくなったようなアーティストは吐いて捨てるほどいるわけだ。

だが、これはテレビに出ようが出なかろうが、
ファンが増えようが増えなかろうが、いつかは訪れるものである。

そもそも、KEYTALKもオーラルもか〜なり前から幾度とない路線変更をしている。

昔のKEYTALKなんて、歌いながら変わったリズムパターンの曲をやるから、演奏がヨレヨレで「こいつら大丈夫か?」と不安に感じるライブ運びをしており、とにかく演奏に必死だった。

当然ライブ中に一気飲みをしたり、桜井さんのモノマネをしたり、「ぴえぃー」と寄生をあげる余裕なんてなかったわけだ。

けれど、演奏に慣れて余裕が出ていくと、「魅せる」ことを考えられるようになり、いつの間にかこんなバンドになっていた。

また、オーラルはBKWっていう車のメーカーみたいなワードを使う前は、グ奈良出身のバンドだからという理由で鹿の絵をぼんとプリントしたグッズを売ってたし、ファンのことを「あなたたち」とは言わずにもっと近い距離感でMCをしていた気がする。

要はバンドは勝手にどんどんと変わっていくものなのだ。

あなたたちが愛してる今の彼らだって、ポケモンでいえば、コイキングからギャラドスに進化したくらいの「変化」は既にしているわけだ。

安心してほしい。

あなたたちが応援しているそのバンドは、テレビに出ようが出なかろうが、顔ファンが増えようが増えなかろうが、変わっていくものだ。

ただし、変わっていくものがある一方で、変わらないものもある。

それは音楽性に宿るものもあれば、ライブのスタンスに宿るものもある。

その変わらないもののことを「芯」と呼ぶことができるかもしれないし、その変わらないものこそがロックバンドの、いわゆる「ロック性」というものと言えるのではないか、と個人的に思う。

テレビ出演の話でいえば、大事なのはそのバンドがテレビに出て、どんなパフォーマンスができるのか、ということだと思う。

そのパフォーマンスがかっこよかったらそこに惹かれた新規ファンがくるだろうし、顔しか評価できないような残念なパフォーマンスしかできないなら、それをみてくるファンは、そういうファンなわけで。

顔ファンが〜という言っている人は、もう少しバンドのパフォーマンスを信頼してあげたらいいのではないか、仮にもあなたが自分のことを「ファン」だと思っているならば。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket