LINEで送る
Pocket

前説

スポンサーリンク

女性がボーカルのバンドも増えてきた。

女性ボーカルのバンドの個人的なハマり具合は浮き沈みが激しくて、この曲は好きなんだけど、新曲は微妙だなーとか思うことが多い。

まあ、微妙って思う場合はいちいち口にはしないんだけれど。

そんな中、SHISHAMOに関してはずーっと純粋に「どの曲も好きだなー」と思える数少ないバンドだったりする。

それはなぜか?

この記事では、そのことについて書いていきたい。

本編

本当にかわいい??

SHISHAMOはどちらかと言えば、かわいいに分類されがちなバンドのように思うし、実際、リスナーの多くは、SHISHAMOのことをカッコイイよりも、かわいいというスタンスで見ているように思う。

まあ、SHISHAMO自身が可愛いかどうかはともかくとして、楽曲に漂う瑞々しい恋愛曲に登場する「僕」や「君」は、確かにかわいいなーと思うことも多い。

また、最近の女性ボーカルのバンドは、ギターのソリッドが際立つ、攻撃的な音使いのサウンドであることが多い。

そういうバンドと比べると、比較的SHISHAMOの楽曲は「ポップ」に思われることが多い気がする。

だって、ホーンを取り入れることもあるし、

ストリングスをぶち込むこともある。

こういうサウンドアプローチや、yonigeなんかと比べると、わりかしピュアな恋愛ソングを歌うことが多いため、他のバンドよりも「ポップ」に思われるのだと推測する、

もちろん、どのバンドにロックを感じるのかや、どのバンドにポップを感じるのかは人によって違うとは思うけども。

さて、ここで主張したいのは、そんなポップで「かわいい」と捉えられがちなSHISHAMOだけど、シンプルにギターロックバンドとしてみたらそのサウンドメイク、かわいいというより、かっこよくないですか?ということだ。

スリーピースバンドなのに、音に不要な隙間を感じさせない。

わりと最近のバンドは、細かいリズム割りをしたがるけれど、SHISHAMOは余計な細かさは排除して、わりとシンプルに音を構成する。

だから、ギターのゴリゴリ感がいい感じに際立つことが多い。

要は小手先に逃げず、シンプルにガツーンって感じで楽器の音を鳴らしてくれて、その音の骨太な感じがカッコいいよねっていう話である。

この辺りはライブでみると、なおのこと強く際立ってくる。

スポンサーリンク

宮崎朝子の声がエロい

これは僕が語るよりも、まずは聴いてみてほしい。

いや、ほんとね、最初に聴いたときは、本当にこれ、全年齢対象ですか???もう、色々とアウトとちゃいますか???そんな気分になったものだ。

こんなん半分、喘ぎ声ですよ?

それくらい声の表情が豊かさで、艶やかなのである。

単に歌が上手い以上の魅力が、朝子の声にはあるのだ。

声の表情が豊かだからこそ、歌詞の心理描写がより映えるし、歌詞世界に引きずり込まれる。

しかも、声がエロいとは書いたものの、不思議といやらしさは感じないという二律背反。

なんというか、可愛いと綺麗のバランス感が絶妙なのである。

だから「君と夏フェス」みたいな曲もハマるし、「BYE BYE」みたいな曲もきっちりハマるし、みたいな。

まとめ

歌詞の世界観はポップ路線のaiko恋愛ソング的、かわいさを内包している。

かと思えば、ボーカルは声の女優やん!と思われるくらい艶やかで、ドキリとさせる美しさのも見せてくれる。

かと思えば、土台のバンドサウンドはシンプルにカッコイイという意外性。

おまけに、ホーンやピアノやストリングスなど、SHISHAMOの楽曲には色々なバンド外の音を入れがちだけど、その音の使い方、あるいはそういう音が入ったときのバンドの鳴らし方が的確で、ポップスとしても安心して聴けるという隙のなさ。

そして、その要素が掛け合わされることで、完全にオリジナリティーなバンドになっている。

実際、SHISHAMOっぽいバンドは、今のところ、過去も未来も、探してもいないように思う。

タイトルの話に戻ると、SHISHAMOはかわいいバンドではない。

というより、かわいいだけのバンドではない。

だから、すごく推せるバンドなのである。

っていう、そういう話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket