LINEで送る
Pocket

前置き

いや、まあね、WEB上にゴミのように漂う有名無名の音楽ブログやまとめサイトが既に、この手の記事を量産していると思うんですよ。

スポンサーリンク

で、お前ほんとに音楽なんて聴いているのかよ?っていう怪しいまとめサイトだとしても、こういうテイストの記事で紹介しているバンドは、そんなに外してなかったりするんですね。

確かに〜って納得するラインナップだったりして。

なので、今更、自分みたいな中途半端な音楽好きの人間がこういう記事を書いたところで、微妙だと思うんですよ。

その程度の内容なら、わざわざ記事にしなくてもいいじゃないですか?

まとめサイトのURL貼ってくださいよ、的な。

だってね、この手の「次は誰がバズるでしょ???」的な記事、インディーズの沼にどっぷりハマっている人からすれば、「何を今更」って感じになると思うのだ。

例えばですよ?

例えば、今年ブレイクするバンドは???って訊かれてね、僕が真顔で「King Gnuです!!!」とか言ったとしましょうよ?

どう思いますか、皆さん??

少なくとも「へえええ〜〜〜〜〜。そこをチョイスするなんてセンスありますね!!!さすがっす!!!!チョイス、神ですね!!!マジ、さすがっす!!!!」とはならないと思うんですね。

そりゃあ、King Gnuなんて知りませんでした!これがオススメなんですか!!!ぜひ、オススメの曲、教えてください!!!って人もいるとは思います。

けどさ、今年ブレイクするバンドはこれや!!!ドヤ!!!と発表する分には、違うよなーと思うんですよ。

少なくともインディーズ沼に浸かっていた人からすれば「いやいやいやいやいや、ロッキン・ライフの中の人さん、何をゴミみたいな情報垂れながしてんすか???どぉ〜〜〜〜〜〜〜みてもKing Gnuはもうバスったあとでしょ?去年のフェスでの客入りみてました?????ってか、もうアニメのタイアップを付けた作品もリリースしているし。再生数200万超えた歌もあるんすよ??????今年ブレイクするって、なに寝言言ってるんすか???鼻毛燃やしますよ???」

ってな感じで、煽られると思うんですね。

2019年は前年よりも誠実に音楽に向き合いたいなーって思っているのに、いきなりこんな香ばしい煽れ方をされるのは心外なわけですよ。

どうせならインディーズ沼に浸かっている人にも「おおおおおおおおお」って思ってもらえるようなブレイクアーティストを紹介したいんですよ、まとめサイトでは出てこないような名前のアーティストをドヤ顔で出してみたいんですよ。わざわざこういうテイストの記事を書くならば。

とはいえ。

じゃあ、Youtubeの再生数一万未満のバンドから選出した「本当のオススメ」を教えましょう、みたいなテイストでやるのが正解かというと、これまた微妙だよなーって思うんですね。

自分のブログよりも「大手」の音楽ブログや、インディーズ志向の強いブログなんかで、こういうことは既にやっているわけですよ。

そういうのを知りたいならそこ読むし。ってなると思うんですね。

例えばですよ?

例えば、俺的に次にきそうなのは「fibgloo」ですね!!!!!どうですか!!!

って紹介しても、あんまりピンと来ないと思うんですよ。

いや、いいんですよ、fibgloo。

本当にそのうち売れるかもしれないんですよ。

でもね、やっぱりこのブログのテイストとはちょっと違うなーと思うし、個人的には「今年ブレイク!!!」っていうテンションでは、まだないんです。

もちろん、去年よりはハネると思うんですよ?

でも、ブレイクバンドとして紹介するには、まだ早すぎると思うんです。

というわけで、まずは「ブレイク」という言葉そのものと向き合いたいなーって思うわけです。

スポンサーリンク

ブレイクとは何か?

逆にいうと、ブレイクしたバンドって誰って話だと思うんですよ?

それこそ、King Gnuは2018年にブレイクしたバンドだと思うんですね。

で、ここでいうブレイクっていうのは、認知度の話になるのかなーって思うんですよ。

彼らをブレイクと定義する際のポイントとしては、「邦ロックが好きです!」と自称する音楽ファンの認知度がすごく上がったっていう所になるのかなーと。

もちろん、邦ロック好きって言っても色々いるので難しいんですけれど、フェスに能動的に通う人たち、っていうのを一つのラインにしましょうか?

そういう人たちにKing Gnuってバンド、知っている???って問いかけた時の反応が大きく変わったというか。

だってね、けっこうなレベルで「あ、そのバンド、知っている」って答えてくれるんじゃないかなーと思うんですよ?

曲を知っているのか、あるいはその曲が好きかどうかまで踏み込んだらまた状況は変わると思います。

けれど、認知度という尺度で測れば、間違いなく、King Gnuはバズったと思うんですよ。

インディーズ沼にハマっている人だけでなく、一般的な邦ロック好きにも名前が浸透したわけです。

そんな感じで、認知度のレベルが一つ上がったということが「ブレイク」という言葉の正体なのかなーと思うんです。

少なくとも、ブレイクという言葉を考える上での、一つの指標になると思うんですね。

で、思ったんですよ。

ここがポイントだよな!!!って。

どういうことか?

こういう数字化できないものさしで測れる、というところが自分みたいな弱小音楽ブログの強みなのかなーと思うわけですよ。

少なくとも、まとめサイトや大手メディアと差別化できるポイントなのかなーと。

つまり、他のメディアにはない定義で「ブレイク」の判定ができるんだぜ的な。

で、この記事での「ブレイク」の定義はこれでいきたいなーと思います。

ずばり、sumika、ユニゾン、フォーリミ、クリープハイプ、フレデリック、オーラル、ヤバTみたいなバンドしか聴いてなさそうな邦ロックリスナーをうっかり浮気させてしまい、囲い込んでいきそうなバンド。

そういうバンド=ブレイクバンドと定義し、そういうバンドは誰か?という視座で、ご紹介していきたいなーと思うわけです。

言ってしまえば、日タグに出てきそうなバンドって感じですかね。

というわけで、枕はこの辺にして、そろそろ本編に行きますね。

2019年にブレイクしそうなアーティスト・バンドは?

the shes gone

UK.PROJECTが誇る必殺の秘密兵器。

最初のメロ部分だけ聴いて、ま〜〜た、川谷絵音みたいな声質のボーカルかよって思った人もいるかもしれない。

けれど、サビまで聞くと「ち、ち、違う!!!!!」ってなると思うので、最後まで聴くことを推奨するバンドです。

1月度タワレコメンにも決まったし、こっから色々とと仕掛けて、今以上にドカーンとバズるんじゃないかなーと。

音楽とか雰囲気は聴いてみてほしい。

知らない人でもすーって入り込めると思うから。

ユアネス

ボーカルの声の感じも、歌詞のノリも、バンドサウンドも、世界観も、前述したバンドが好きそうなタイプにハマるんじゃないかなーと思うバンドナンバーワン。

色んな人に見つかりさえすれば、どかーんブレイクするんじゃないかなーと思っています。

イントロのギターリフが「ちょうどいい感じに印象的」なのがポイントのバンド。

とにかく、音もビジュアルも良い感じに清潔感があるので、このバンドは安心して推せるんですよね。

なので、推します!!!!

超能力戦士ドリアン

まあ、コミックバンドが好きな人はもう死ぬほど目をつけているし、何を今更感があると思う。

ただ、今年は名前だけなんか知っているけれど、ライブは見たことないし曲も知らんって人が、うっかりフェスとかでライブを見てしまって、沼らせる一年になるんじゃないかなーと思うんです。

2018年はそういう種まきをしまくっていたので、今年、その花がどかーんと咲きそうというか。

リリースする曲がスベらない限りは、今年間違いなくブレイクするバンドナンバーワン。

ドラマストア

ドラマ〜って冠のつくバンドは多いけれど、その中でも今一番推せるバンド。

キーボードの存在感が強めで、ポップス的センスも良い感じなので、そういう所も推せる。

たぶんね、sumikaが躍進した理由はキーボードが良い感じに機能したからだと思うんですよ?

メロが良いキーボードバンドはハネるはずというのが勝手なる自論。

だから、ドラマストアは今年、よりバズります。

たぶん。

SHE’S

オシャレなピアノバンドはハネるというのがこのブログでの見立てなので、SHE’Sも今年、さらにハネます。

見た目もオシャレだし、ファンもオシャレだし。

2

古舘佑太郎(Vo./Gt.)と加藤綾太(Gt.)を中心に結成したバンドなんだけど。

古舘はThe SALOVERSを、 加藤はポニーテールスクライムというバンドのフロントマンだったため、そもそも実力が半端ないわけだ。

で、こういう、そもそも実力しかないバンドって基本バズる要素しかないと思うんですよ。

だって、実力あるのにフレッシュな感じがするバンドって、単純に最強じゃないですか?

ということで、彼らは売れます。

ネクライトーキー

ある意味、2と同じなんだけど、もう実力がありあまるわけですよ。

なのに、フレッシュさもある。

最強やんという話です。

このバンドこそ、大型ロックフェスに呼ばれるようになったら絶対にハネると思うし、見つかれば絶対に見た人全員をトリコにすると思うんですね。

だから、強いんですよ。

あと、個人的な勝手な見立てだけど、どっかのタイミングでFM802のレビーローテーションになって、よりバズっていくんじゃないかなーと思っています。

売れる要素しかないバンドです。

まとめ

というわけで、今年ブレイクしそうなバンドをいくつか紹介しました。

そもそも既に「界隈ではブレイクしたバンド」を並べてただけの記事なのでは???という指摘もあろうかと思いますが、全力で無視します!!

沼ってる本気のインディーズバンド好きは無視します!!!

むしろ、オススメのバンド、教えてください!!!

まあ、界隈でブレイクしているバンドの中で、さらにこれからハネそうなバンドはこれでしょ??って感じで読んでもらえたら幸いでございます。

知らなかったバンドがあった人は、このタイミングで聴いてもらえたら幸いです。

何かの参考にしてもらえたら。ではではではでは。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket