LINEで送る
Pocket

前置き

質問箱をダラーっと見ていると、こんな質問がきておりました。

スポンサーリンク

バンドマンの女にどうしてSNSでイチャイチャをうpしてはいけないのかってのをロッキンライフさん節で説得させて下さい

ふむ。なるほど。承知しましたっ!!!

その前に、一言いいですか?

いや、し、しらん!!!

この質問をされた方がバンドマンなのかは存じないんですけど、思うんですよ。

いやいやいやいや、知らん知らん知ら知らん、と。

自分の彼女なら自分で頑張って説得しておくれ〜、と。

だけど。

なぜバンドマンの彼女は「匂わせ系女子」になってしまうのか?

そして、なぜ人は「匂わせ系女子」を嫌ってしまうのか。

そこは気になるなーと思うのです。

だってですね、匂わせ系女子の彼氏じゃなくても、基本的に「匂わせ系女子」に対する世間の当たりってきついわけじゃないですか。

他人の不幸は蜜の味という言葉があるように、基本的に人は幸せな人を見ると「むっ!」として、他人の不幸をみると「うへへっ!」となるのだとは思うんです。

とはいえ、匂わせ系女子だけがこんなにも叩かれるのはやっぱり不思議だなーと。

そして、世間的にそういう空気であることが頭ではわかっていても、なぜかバンドマンの彼女は「匂わせ系女子」になってしまう。

そういう所も含めて、面白い構図だなーと思うわけです。

匂わせるとは何なのか?

そもそも「匂わせる」と一口にいっても色んなパターンがあるかとは思うんです。

ただ、この記事の文脈で言えば、彼氏がいるとは名言していないにも関わらず、彼氏がいることをアピールする投稿をしてしまう行為。

これが「匂わせる」の定義になるかなーと。

①彼氏がいるとはっきりと言わない
②でも、彼氏がいるアピールをする

んで、この間接的アピールに対して、ムカつきを覚える人が多いわけですね。

確かに難しい部分はあると思うんです。

それこそ、バンドマンのようにその人そのものがある意味で「商品」になってしまうような、夢を与えるような仕事である場合、(まだ売れてないバンドも含めてそういう要素があると思います)、どうしても下手に私生活が出せないと思うんです。

実際問題、恋人がいるかが発覚するだけで、露骨に「人気」に大きな影響を与えてしまうわけで。

だから、バンドマンの多くは恋人という存在を隠しがちになるわけです。

まあ、恋人がいないフリをして浮気をするとかそういうこともあろうかとは思いますが、その辺は一旦、脇においておきましょう。

いずれにしましても、下手にプライベートを晒せない存在であることには間違いないわけです。

だからこそ、バンドマンの彼女だって「●●●のバンドの彼女です!!!」ってノリでSNSに写真をあげることができない。

でも、自分だって、彼氏との写真をあげたい!!

周りがそうやっているのであれば、なおのこと、そういう欲求が生まれちゃうと思うんです。

その結果、彼氏がいることを間接的にアピールをしたSNSの投稿をしちゃうわけですね。

スポンサーリンク

なぜ、そこまでして、人は匂わせてしまうのか?

まあ、人によって動機は違うと思うんです。

でも、計算でやっているというよりは、感情的についついやってしまう人の方が多い気がするんです。

これは僕の勝手な見立てですが、匂わせ系女子のやる「匂わせ」って、理性的な行動ではないように思うんですね。

匂わせ系女子は単にマウントを取りたいからそういうことをしているわけではない。

どちらかというと、感情や本能に結びついた行動であり、気がついたらやってしまうようなものなんじゃないかと思うわけです。

この「本能的」というのがポイントなのかなーと思っていて。

というのも、遺伝子という視点で見れば「感情」とは「命令」だと思うんですね。

例えば、恐怖という感情は身の危険から回避しないといけないからこそ、生じる感情なわけです。

つまり、感情って、人類の長い歴史の中で蓄積された「生き残るための術」なんですよ。

生物として根底にあるものって、生き残ることと子孫を残すことだと思うんですね。

感情はそういう根源的なものと繋がっていて、その二つの行動を促すための、脳による「命令」だと思うわけです。

犬みたいな生き物は可愛いと感じて、虫みたいな生き物に恐怖を感じる人が多いのは、「生き残る」という選択をする上で、それが理にかなった判断だったから。

恋をするときの感情や生殖行為をしたいという欲望だって「子孫を残す」という所が根源にあるわけです。

つまり、人間が持つ感情の多くは「生き残る」か「子孫を残す」にコミットしたものにということ。

面白いのは、本能とか感情って長い歴史の中で蓄積されたものだから、そう簡単には変わらないということです。

毒のアリそうな虫を見て、恐怖を覚えたり、嫌な気分になるのは、「そういう見た目のもの」を見たときに、不快な感情を抱いたほうが「生き残る可能性」が高くなるからです。

けれど、今の世の中でいえば、虫よりも他のものの方がよっぽどか危険だったりする。

例えば、車なんてそういうものの一つです。

一度でも車に痛い目があった人は、車を見ただけで恐怖を覚えたり、嫌な気分になったりすると思うんですが、そうじゃない人は車を見ても、そんなことはあまり思わない。

本能ベースで、車は危険なものと処理することが難しいわけです。

だから、高いところから誤って落ちてしまう人はそんなにいないけれど、車にぶつかって亡くなってしまう人はそれなりにいるわけです。

高いところに恐怖を感じるのは、高いところから落ちると死んでしまうということを本能が理解しているから。

だから、そこに近づいてはいけないと、脳が恐怖という形で「命令」を出すわけです。

でも、車に対しては、本能ベースのインプットがそもそもない。

だから、それを見ただけでは恐怖を覚えない。

車との関わりにおいては、日々の生活の中で「教育」をして、危ないものである、とインプットしなおさないといけないわけです。

そして、本題へ……

さーて、枕が長くなりました。

匂わせ女子が匂わせ行為をしてしまうのも、そういう本能からの「命令」の仕業なのではないか?そういうことを思うわけです。

先ほどもチラッと述べましたが、恋愛的な意味における「好き」という感情の根源は、子孫を残すという本能による脳からの「命令」の一つなわけです。

ただ、子孫を残すというレベルまで遡って考えると、男と女では思考というか、子孫を残す戦略が違ってくるわけです。

女の人の場合、より良い遺伝子を持っている男を見つけ、その遺伝子の持った男を確実に囲い込む必要があるわけです。

なぜなら、子育てをするには、パートナーに協力してもらうことが重要だから。

だから、本質的に、良い遺伝子を確保した後は、その人を囲い込むことを志向する行動をしがちなんです。

そのうえで重要になってくるのが「自分はこの人の彼女なんですよ」というアピール。

だから、感情レベルで、彼氏がいることをアピールしたいと脳が「命令」をするのではないか?そんなことを思うわけです。

昔なら恋バナをするだけで済んだ。

けれど、今ではSNSがある。

だから、そういう本能的行為が「匂わせる」という形になって発露しているのではないか?

そんなことを思うわけです。

なぜなら、確実に子孫を残す(子育てをしていく)うえで、彼女アピールをする行為をすることは、とても大事なことだから。

アピールして、パートナーを囲い込むことは、本能として重要な選択だから。

ただし、ここでいう「子孫を残すという本能」というは、ホモ・サピエンスからの継承のものであり、今の世の中とはそぐわない部分もあるわけです。

けれど、人間の脳の根源的な部分は簡単には変わらない。

それは車やスマホがない時代に生み出されたものであり、人間の感情は、まだそういうアップデートができていないわけです。

だから、やってもいいことなんてないとわかっていても、ついついSNSで匂わせてしまうのかなーなんて、そんなことを思うわけです。

いや、わかんないですけどね。

で、匂わせ女子に対してどうしたらいいのか?

いや、し、しらん!!!!

これがこのブログの解答になります。

でも、あえて、もう少しだけ言葉を綴るならば。

駅とかでなぜかイチャイチャしちゃうカップルもそうですし、SNSへの投稿もそうですけど、イチャイチャってのは内緒にしとく方がスマートだよなーとは思うんですね。

でね、これはあくまでも個人的な考えですけど、ライブハウスでのMCと、カップルのイチャイチャって、似てると思うんですね。

そのコンテクストの中だから意味があるというか、安易に外に出しちゃうと、そこにある大切なものが変容しちゃうというか。

ほら。

よくライブのMCをツイッターに書いちゃって、間違ったニュアンスでその言葉が拡散されて、関係のない人が傷つくとかあるじゃないですか?

あれって、文脈が切り離されて、言葉だけが外に飛び出てしまうから起こることだと思うんですね。

もし、その場にいる人がその人の心の中だけに留めておけば、それは宝物のように輝く。

けれど、それを間違った形で外に出せば、形を変えてしまい、人の心を傷つける刃に成り得てしまう。

そういうことって、あるって思うんですね。

そういう意味では、カップルのイチャイチャも似ているのかなーと。

あれもカップルの中だからこそ成立するもので、安易に外に出してしまうと、そこにある意味も価値も変容してしまうというか。

だから、不用意にSNSに晒してはいけない。

二人の心の中に留めておくべきなのかなーと。

二人の中にこっそりと留めるからこそ、とても大切な記憶になるのかなーと。

いや、知らないですけどね。

まあ、明らかに人を不幸にする行為ならともかく、そうじゃないものに対してくらいは、もっと寛容になるべきだなーとも思いますけどね。

そんな感じで、匂わせ系女子に対しての意見はこれくらいにしておきたいなーと思います。

ではではではでは。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket