前説

スポンサーリンク

スピッツの「優しいあの子」の歌詞について書いてみたい。

スピッツのおよそ3年ぶりのシングルであり、NHKの朝の連続ドラマ小説の主題歌にも抜擢されたこの歌。

あまりタイアップに対して直接的な言葉を使わない草野はドラマ主題歌としてどんな言葉を紡いだのか。

妄想込み込みで色んな角度から歌詞を考えてみたい。

本編

歌詞

重い扉を押し開けたら
暗い道が続いてて
めげずに歩いたその先に
知らなかった世界

氷を散らす風すら
味方にできるんだな
切り取られることのない
丸い大空の色を
優しいあの子にも教えたい

口にするたび泣けるほど
憧れくだかれて
消えかけた火 胸に抱き
辿り着いた コタン

考察

というわけで、この記事に関しては後々更新していきます。

ではでは、しばしばお待ちください。

LINEで送る
Pocket