前説

春フェスをメンツを観ながらワクワクする人も多いと思う。

そんなことを思う一方で、自分がフェスを開催するならどんなメンツを並べたいか、と思うこともよくある。

というわけで、この記事では自分がメンツを決めてタイムテーブルを組めるなら、これがみたい、という記事を書いてみたいと思う。

本編

Hakubi

ぱっと聴きの装おいは静かでクールなんだけど、フタを開けたら全然そんなことなかった。

って感じのバンドにこそオープニングアクトってやってほしいなーというのが勝手な願望で、Hakubiなら絶対そういう「ぞくっとする空気」みたいなものをがっちりと作るんじゃないかなーと思っているのだ。

なので、フェスをやるならHakubiをいきなりオープニングに持ってきたいという自分の妄想。

特に「午前4時、SNS」なんかは、後半の流れが変わる感じにぐっとくる。

a flood of circle

自分的には、このまま「小道具を使わずして、ライブにぐっと引き込まれる空気」を助成する流れになればなーと思っている。

そう考えたとき、次の流れとしてフラッドが来たら面白いんじゃないかと思うのだ。

きっと、よりフェス全体の「ロック」の部分の熱量が上がる気がするし、そういう期待に応えるライブをする気がするし、なによりそういう熱量がオーディエンスの中で生まれることは間違いないんじゃないかと勝手に想像してしまうのである。

関連記事:a flood of circleの「今」がかっこいい!

パスピエ

まあ、流れがどうというよりも単純にみたいよな―的な話ではあるんだけども。

でも、ここでパスピエが出てくると、一気にフェスの視界が開ける気がするのだ。

音楽のジャンル的にもライブのノリ的にも。

パスピエって他のバンドにはない武器をたくさん持っているバンドだから、より広がりを与えてくれる気がするのだ。

今のパスピエは特にそうだよなーと思う。

まあ、単純に今のパスピエのライブの観たいよな―というアレではあるんだけども。

関連記事:パスピエの新譜の不気味さに語彙力が追いつかない

ヒトリエ

すごく自分の中で勝手なイメージがあって。

パスピエが出るならヒトリエも同じように出てほしいなー、という謎の妄想があって。

パスピエもアートっぽさがあるけれど、ヒトリエのバンド名のルーツも「アトリエ」って言葉だし、なんか微妙に似ている何かを感じるんだよなー。

まあ、バンドとしてのジャンルは全然違うんだけども。

なんというか、ただただ「あの頃に出てきたバンド」に好きなバンドが多いんだろうな―とは思うんだけど、でも、なんか自分的にこの辺りの音楽に通ずるものを感じるんだよなー。

ということで、四番手はヒトリエ。

関連記事:ヒトリエを「ボカロバンド」なんて言う奴を殴るための記事!

女王蜂

自分の中で、パスピエと女王蜂がずっとマイブームなので、もしフェスでメンツを選ぶ立場なら、まずはここを押さえたい、ってくらいに、とにかく今ライブが観たいバンドのひとつだったりするのだ。

昨年のアルバムは、ロックバンドの新たな可能性を感じるようなものだったし、曲が発表されるたびに「おっ」ってなるもんなあ。

あと、この動画を観ていると、アヴちゃんのボーカルとして表現力が高まりすぎていて、ちょっとビビってしまうほどである。

もしこのフェスに女王蜂が出るとしたら、センスを持ってくるお客さんはどれくらいいるんだろうーと、そこだけちょっと気になる。

関連記事:美しさと激しさを持ち合わせた女王蜂というバンドの話

スポンサーリンク

UNISON SQUARE GARDEN

いっそのこと「ユニゾンスクエアガーデンです」も「ラスト」もなしにして、無言のままステージに入り、無言のままステージから去ってほしいな―と思う。

一曲をリクエストできるなら、「サンポサキマイライフ」を推しておきたい。

関連記事:優しい天の邪鬼なバンド・UNISON SQUARE GARDENについて

フジファブリック

ユニゾンのフジファブリックはきっと攻撃力が高いはずだよなーと思うのだ。

なので、観たい。

まあ、もうこの辺りまでくると、理屈がどうのこうのっていうより、単純に自分の好みを並べているだけの感はあるんだけども。

関連記事:フジファブリックの大阪城ホールのライブに行ってきて幸せだった話

sumika

sumikaと今のフジファブリックは通ずるものがあると思っていて。

雰囲気というか、バンドが持つポップ性にリンクするものがあるんじゃないかなーと思うのだ。

なので、フジファブリックのあとはsumikaが観たい。

関連記事:sumikaのアルバム「Chime」の良いところと悪いところ

Official髭男dism

メロディーに重きを置くバンドが連続している気がするし、単純に先日行われた対バンが観たかった思いが強かったゆえのチェイスな気がする。

けれど、思う。

限りなくフィナーレに近づいたタイミングにこそ、髭男の歌が聴きたい、と。

突き抜けるハイトーンで美メロの数々を歌い上げられて、鳥肌もんだと思う。

ずっと鳥肌を感じていたい。

関連記事:Official髭男dismの 「I LOVE…」のチート性について

四星球

という流れの中で、唐突に最後に四星球がライブをしたら、どんなライブをするのか。

それがただただ観たい。

どうみても、流れ的に違うやん、って流れの中で四星球にライブをやってもらい、それまでに作った空気を木っ端微塵にしてほしい。

どんな空気になるかはわかんないけど、絶対おもしろいことにはなるとは思うのだ。

関連記事:最強のライブバンドは四星球

まとめ

単純に自分が全権力を握っているなら、今はこれが観たい、ってラインナップを並べてみました。

オチはないです。

ただ、自分の私欲がそこに詰まっているのみなのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket