前説

スポンサーリンク

歌詞の多くは標準語である。

大衆を相手にしているのだから標準語がデフォルトになるのは理解できる。

でも、逆にいうと、だからこそ方言で歌われた歌ってすごく印象に残る。

そこで、この記事では方言が印象的な歌を紹介したい。

本編

ヤバイTシャツ屋さん

「ハッピーウェディング前ソング」をはじめ、ヤバTの歌は関西弁が印象的な歌が多い。

これでもかと関西弁でまくしたてる歌が多い。

関西弁って母音を力強く述べることが多く、ヤバTが持つ鬼キャッチーといい感じでハマっていることが多い。

痛快なロックビートに、ヤバTの関西弁がハマっているというわけである。

あと、標準語だとちょっと辛辣な歌詞も関西弁にすることで、少しマイルドになっている部分がある。

なにより、ヤバTのキャラクター性と関西弁がハマっているんだよなーと思うのだ。

藤井風

今年流行った方言ソングといえば、藤井風の「何なんw」を思い出す人も多いのではないだろうか。

岡山県で生まれ育った藤井風。

「何なんw」のサビは、岡山弁が効果的に使われている。

こういうジャンルの音楽って上品であることを求められる印象だが、藤井風は歌としてきっちり魅せつつもその歌の中にユーモアを忍び込ませるところが良い。

だからこそ「なんじゃったん」というフレーズも、方言くさくないというか、良い感じにフックになっている印象を受けるのである。

10-FEET

10-FEETの代表曲である「2%」も方言が炸裂している。

出だしが英語なのに、日本語パートに入るとここまで方言が炸裂している歌も珍しいのではないだろうか。

ミクスチャーロックの精神を受け継いでいるバンドだからこそのアプローチなのだろうか。

やはり、方言を用いることで、フレーズの語尾が強くなり、それが効果的なリズムを生み出している。

藤井風の「何なんw」はサビで方言を用いたが、10-FEETの「2%」はメロパートで方言を用いている。

同じ方言でも使い方が違うだけで印象が大きく違っていて、その違いを聞き取るだけでも楽しくなる。

スポンサーリンク

ポルノグラフィティ

彼のデビュー曲である「アポロ」を広島弁で歌バージョンがあるのだが、その言葉の当てはめ方が見事なのである。

元々は標準語で作られた歌だから、方言で歌うのは無理があるはずなのに、広島出身のポルノの手にかかれば、広島弁に変更してまったく違和感がなく、むしろリズム切れ味がより鋭くなる結果となるのだった。

いや、マジで聴いてみてほしいんだけど、けっこうゴリゴリに方言で歌っているからね。

千鳥がパブリックになってきたので、中国地方の方言が聞き慣れた人も多いかもしれないが、それでも「アポロ」の広島弁verは相当にクセが強いのである。

ウルフルズ

関西弁で歌われる屈指のロックソング「ええねん」。

ほぼ全フレーズで関西弁が出てくる屈指のロックソングなのである。

まあ、この歌は関西弁がどうのこうのというより、ほとんど全てのフレーズで同じ韻になっていることがポイントなのかもしれないなーなんて思う。

リフレインする快楽がそこにあるというか。

あと、トータス松本の力強い歌声に「ええねん」という肯定的なワードがよく合うのである。

焼き鳥とビールくらい、よく合うのである。

あと、この歌は一回だけメロディーパターンが変わるんだけど、そこのメロディーがすごく好きなのである。

まとめ

というわけで、方言が印象的なバンド・アーティストの名曲特集、なのでした。

ぱっと思いついたものを並べてみたけれど、この歌もあるじゃんというのがあればよかったら教えて下さいな。

わりと西寄りの方言曲が多かったので、それ以外の方言曲がありましたら、教えてほしい次第。

では、今回はこの辺で。

ではではでは。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket