前説

スポンサーリンク

Mrs. GREEN APPLE(以下、ミセス)のライブに行きたいなーと思っている昨今。

なぜミセスのライブを観たいのか。

この記事ではそのことを書いてみたい。

本編

ライブに行きたい理由

ボーカルの質がヤバそう

ミセスのボーカルである大森。

楽曲を聴く限り、大森のボーカルは、相当にヤバいんだろうなーと思っている。

まず、声が死ぬほど高い。

で普通、ボーカルって高い声を出すと、わりと「無理している感」が出てきがちだ。

でも、大森のハイトーンって、奇妙なくらいに軽やかである。

で、軽やかだからこそ、声に伸びもあるのだ。

ストーンと奥まで突き抜けるような感じがする。

で、声が屈託なく伸びているからこそ、そこに圧倒的な迫力を感じさせるのである。

ハイトーンで迫力がある声。

文字にするだけでも、そのヤバさが伝わってくる。

しかも、これ、あくまでも音源だけの話なのだ。

きっと生で聴くと、さらにとんでもなくヤバいんだろうなーと思うのだ。

声の表情もカラフルだし、そこに深みもあるし。

鼓膜がびびりすぎて震えるんだろうなー。

西野カナばりに。

バンドの質がヤバそう

ミセスってボーカルの質も高いバンドだけど、真骨頂はそのサウンドにあると思っている。

そう。

サウンドの幅が広いのである。

いわゆるロックテイストの強いゴリゴリのナンバーもあれば、静寂を効果的に使う間を意識したナンバーもある。

楽曲ごとの特徴が違っていて、引き出しの多さに脱帽する。

キーボード主体の楽曲もあるし、バンドとは距離を置いたテクニックな歌も多いし。

そもそもミセスって、バンド編成的に色んなアプローチができるバンドだ。

おまけに、それぞれのパートの演奏力が高く、想像力もたくましい。

故に、色んなバリエーションを見せつけることができるし、ライブでの再現度も高いと噂にはきいている。

そんなことを聞けば、ミセスの演奏を生で見てしまいたくなるというのが人情というものだ。

そうそう、他にもあって。

みせってポップバンドっぽいイメージでありながら、エモーショナルなプレイも刺激的だったりする。

と思えばゴリゴリにストリングスの入った曲も自分のものにしているし、バンドとしての底無しさを感じさせてしまう。

つくづく演奏でも魅力的なバンドなんだよなーと思うのである。

予想を超えていきそう

これは結論めいた話になるんだけど、ミセスって一般的なバンドの枠組みを超えた力を持っているよなーと思う。

例えばなんだけど、自分の中ではある種、セカオワと似たところがあると思っている。

つまり、「バンドってこういうもの」「ティーンに愛されている音楽ってこういうもの」っていうスケールを軽やかに乗り越えてしまう力があるように感じるのだ。

リリースされたアルバムごとにそのことを感じさせる。

そこがミセスの大きな強さだと思うし、今、ライブを観たい大きな理由になっている。

そういう話なのである。

関連記事:Mrs. GREEN APPLEとSEKAI NO OWARIはどこか似ている

関連記事:Mrs. GREEN APPLEとOfficial髭男dismを比較してみた

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket