LINEで送る
Pocket

最近、ひとつ思うことがある。

スポンサーリンク

みんな周りのこと気にしすぎじゃない???と。

例えば、ジジイババアになってからライブハウスに行くことの是非みたいなツイートが話題になっていた。

ライブハウスに行くのに年齢なんて関係ないし、音楽を楽しむうえで何歳であるかなんてどうでもいい。

これが模範解答だと思うし、俺もそう思う。

けれど、なんっーか、そういうことがいちいち話題になることがなんだかな〜なんて思う。

いやね、明らかにマナーの悪いガキが、年上様にひどいことをしたんならそれは糾弾されて然るべきだけど、それは世代論の話じゃないよなーって思うのだ。

もし、そうなのだとすれば、それは常識のないガキのやっていることがひどいのであって、ジジババと若者という構図の話じゃないように思うのだ。

逆に言えば、年上様でもマナーが悪くて若者が辟易する事例だってある。

そこで語られるべきは他人に対する想像力よなーと思う。世代論の話じゃない。

あと、質問箱を開設してたらさ、こんな質問がきたりする。

自分はまだそのバンドのことミーハーなんですけど、日タグでそのバンドのことを好きなバンドと書いてもいいんでしょうか???

スポンサーリンク

よいよいよいよい。全然いいよ!!!

そりゃあ、ミーハーのやつ、ムカつくとか言う奴もいるでしょーよ。でも、そんな奴のこと、別にどうでもいーでしょーよ。

自分がそれを好きかどうかを表明するために、他人の目を気にするなんて、あまりにも不毛よ。

知ったかでけっこう、ミーハーでいいじゃんか!!

あと、あのバンドはロックではない!!とかなんとか言ったツイートをしたことで炎上した事案もあるらしい。

いやもう、他人の価値観、別にどうでもいいでしょうよ!!そのツイートが誰かを傷つけるひどいものならともかく。

なんつーか、ツッコミのあり方が小さいよ小さい。

んで、別にそこまで炎上するような内容でもないのに、うっかり炎上してしまったから、そのせいで周りの目を過剰に気にするようになったのだとしたら、それもなんだかな〜というかな〜。

ツッコミが多すぎるから萎縮問題

思うのだ。

今の日本って、ツッコミの人が多すぎる。

リアルだったら、喋って噛んだりしたらすぐにつっこんで、揚げ足とって、それで笑いを取ろうとしたりするじゃん?バラエティー番組とか、揚げ足の取り合いだったりするわけじゃん?

で、Twitterなんかも、というかネット界隈も全般的に、過剰なるツッコミ勢が待機していて、少しでも誰かにスキがあれば、そこにツッコミを入れて、ネタにして、優越感にも似た笑いを取ろうとするわけじゃん。

それがなんだかなーと思うわけだ。

で、多くの人はツッコまれたくないから、過剰なまでに人の目を気にして、生きていくわけじゃん?

それがなんだかなーと思うわけだ。

自分は、あまりにも過剰なるツッコミの人間になっているなーと思ったら、ふとツッコミであることはやめてみてはどうだろうか?

あるいは、周りの目を過剰に気にしてしまう人は、いっそ自分はボケ側の人間であるとマインドセットして、ツッコミ上等よ!のテンションで生きていけば、わりと楽しかったりするのではないか?

まとめ

とはいえ、俺のブログも8割くらいはツッコミをしているし、色んな人を弄っているので、あまりに偉そうなことは言えないのだけれども。

とはいえ。

好きなもの同士で集まる音垢界隈くらいは、そんな音垢勢が好きなものを話すときくらいは、過剰なまでに周りの目なんて気にしないで、屈託なく好きなものを話したいよなー。幸せでいたいよなーギスギスなんてしたくないよなーなんて、そんなことを思う。

3月11日だから、なおのこと。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket