前説

スポンサーリンク

音楽ライターとかが、よく音楽のマーケティングに口を出すじゃないですか?

本編

一番よくあるのがCDの話。

いまどき、CDで「音楽ビジネス」やるやつはもうセンスがないし、老害でしょ、みたいな言葉を言いがちである。

ここまでストレートな言い方はしないにしても、未だにサブスクを解禁しないのはちょっと・・・みたいな言説はよく見られるかと思う。

当然ながら問題提起をすることは大事だし、自分はこう思っていて、その理由はこうで〜というような適切なプロセスを踏んだ言葉は耳を傾けるべきだと思うのだ。

実際、業界の特質や大人の事情で、本当はサブスクで解禁したいのに保守的にならざるを得ない人がいるのだとしたらもったいないと思うし、何でも新しければ良いというわけではないけれど、新しいものは徹底的に叩きがちな空気はそれ以上につまらんと思うし。

ただ、ここで言いたいのは、サブスクの是非ではない。

果たしてそれでもCDにこだわる人を、安易にディスれるのか?という話である。

確かにCDは古いものだし、そもそも音楽にお金を払うという価値観すらなくなりつつある時代に、CDであることの必要性はどうなんだとか、音楽という文化を末永く残すことを考えたら、サブスクを否定する意味がわからないとか、まあ色んな議論ができる。

ただ、CDを大事にするアーティストを指差して「老害だ」みたいな言葉で罵る音楽関係者がいるのだとしたら、それはそれでどうなんだろう、ということが言いたいのである。

自分みたいな音楽のブログを書いている人や、音楽ライターなんかは「たくさんの音楽を聴きやすくなる環境」の整備が一番嬉しい。

だから、当然ながらどんどんサブスクを解禁してほしいというのが、本音なのである。

そのうえで、好きなアーティストが末永く良い音楽を作ってもらう環境を作るにはどうしたらいいんだろう?みたいなお題を考えたくなる。

だから、サブスクは肯定するし、そのうえで色んな音楽の聴き方があって、どういう聴き方でもアーティストにプラスに働くような形になれたらな〜みたいなところに話を広げたくなるのだ。

少なくとも、自分は。

まあ、いっぱしのサラリーマンが、音楽のシステムの話をしてもどうしようもないので、これ以上この議論に対して掘り下げないけれど、端的にいえば、サブスクにはサブスクの良さがあるし、CDにはCDの良さがあるよなーという話。

どっちにも価値がある。

そして、そのあり方にしかない価値を大切にしている人を貶しているのだとしたら、それが一番みっともないよなーという話である。

でも、過激なライターなんかだと、未だにサブスクを使わず、CDに固執している人を指差して「遅れている」と言いがちなのである。

言葉を扱う人が安易にそういう言葉を人に向けちゃうのは、どうなんだろうなーと思うわけである。

しかも。

そんな音楽ライターに限って、ドヤ顔で紙の本を出版したりするのだ。

そして、「ぜひ買ってくださいね〜!!!!」みたいなノリの告知をするし、少なくとも自分の本を買わずにストリーミングのサービスで読みました!と言う人よりも、自分の本を買った人のことを嬉しそうにリツイートしたりするのだ。

んで、そのうち、嬉しそうに本屋のイベントとかでサイン会とかしちゃうんですよ。

たぶん。

おそらく。

いや、しらんけども。

何が言いたいかって、お前さんだって、リアルのモノを流通させる喜び味わっているんじゃん、ということ。

デジタルにはデジタルの、CDにはCDの良さがあるということをあなた自身が身を持って体現してんじゃんか、ということである。

CDなんか遅れている!とかいう人に限って、デジタルで置き換えることができる何かの生産に勤しんでいたりするのだ。

皮肉なのかジョークなのかは置いといて。

しかも、CDなんか遅れていると敵意を剥き出しにした人よりも、遅れているといった張本人が、自分で生み出したモノを、まったく流通させることができなかったりするのである。

音楽マーケのことを語る前に、自分のマーケティングをしっかりしろよwwwwwwwwみたいなことが往々にしてあるわけだ。

言葉はブーメラン

そうなのだ。

言葉って、往々にしてブーメランになってしまう。

例えば。

毒舌がウリのライターってちょこちょこいると思うけれど、ほぼ例外なく、自分のブログで人様のことをネタにして、おもしろおかしくテキトーな罵詈雑言を対象に浴びせているようなタイプのライターに限って、自分が誰かにSNSでネタにされて、悪口を言われたりすると、顔を真っ赤にして、ブチギレたりするのだ。

いやいやいやいやいやいや。

それ、おまえ、普段、人様にやっていることだから!

と思うのである。

自分がされて嫌なことを普段からしたり顔で行ってみせて、アクセス稼いでいるお前は何様なんだよ?みたいなところがあるわけだ。

しかも、だいたいそういうライターがネタにする対象って、有名でありすぎるがゆえに、アーティスト自身は殴られても殴り返せないわけで。

絶対にバズってしまったそういう言葉って本人の目にも届いていて、基本的にはそれを見て本人は良い思いをしていないはずなのに、殴ることが許されないから、そのアーティストは何も言ってこないから、ライターも調子に乗って誰かを殴るのである。

もし、自分が悪口を言われて傷ついてしまうタイプなのだとしたら、自分の倍以上、自分の言葉でその人を傷つけているという想像力は持っておくべきだし、自分の言葉はそういう武器になっているということくらいは承知してしかるべきでしょ?みたいなことを思ったりはするわけだ。

悪口をいうやつに限ってプライドが高いから、自分が悪口を言われるとプチンといくわけだけど、往々にしてそれはブーメランなんだぜ?という話である。

まとめ

いやーだから自分も気をつけなきゃならんなーと思い、過去のブログを見返してみたら、

過激派になりつつあるBUMPファンを片っ端から殴って行く!

そろそろ、しょくぱんくんにユニゾンのマスコットキャラを担うのは荷が重すぎるのでは説!

うわあああああああああああああああああああああああ。

そこそこ悪口書いてたわ〜。

だめだ〜。

俺も悪の道を走っていたわ〜

結局、俺も同じ穴のムジナなのである。

気がついたら、この記事も誰かのことを悪口にしているだけの記事だしね。

そんな一番のブーメランを投げている自分に対して、切腹するの巻。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket