前説

スポンサーリンク

ミルクボーイのネタが好きなので、この記事ではヤバイTシャツ屋さんを題材にして、記事を一本書いてみようと思う。

では、どうぞ。

本編

「オカンがな、好きなロック・バンドの名前を忘れたらしくてな」
「そうなん?じゃあ俺も一緒に考えたるから、どんな特徴やったか教えてーや」
「えっとな、バンドにユーモアがとてもある、ボーカルがツインボーカルで音域の高低差が激しい、ファッションブランドみたいな名前のバンドらしいねん」
「それ、ヤバイTシャツ屋さん、略してヤバTやん。そんなんすぐわかったわ。ヤバT、これで決まりやん」
「いや、俺もそう思ってん。でもなあ、オカンが言うには、そのバンドのドラム、髪の毛めっちゃすっきりしているらしいねん」
「ほな、ヤバTと違うかあ。ヤバTのドラムはめっちゃ髪型がもさっとしてて、それがトレードマークになってるもんなあ。あの髪型の印象をどう持つかは人によると思うけど、すっきりって言葉はしっくりこーへんもんなあ。他になんか特徴言ってなかった?」

「えっとな、ツインボーカルの片割れが信じられへんほど声、高いらしいわあ」
「それ、ヤバTやないかあ。ヤバTは男女のツインボーカル制を採用しているけれど、ツインボーカルの片割れのありぼぼの声は信じられへんほど高いからなあっ!どっから声出てるねんって思うことも多くて、あの声の感じはありぼぼしか出せんところがあるからなあ。そんなんヤバTで決まりやんか」

スポンサーリンク

「でもなあ、そのバンド、企業と一度も癒着したことないらしいねん」
「ほな、ヤバTとちゃうやんか!パルケエスパーニャをはじめ、Suumoとか人気メーカーの飲料水とか、めっちゃ色んなタイアップ取ってるからなあっ!日本全国でもたくさんのバンドはいるけど、癒着率ナンバーワンやからなっ!大人の世界と良い意味でズブズブやからなっ!そんなん絶対ヤバTと違うやん。他になんか特徴言ってなかった?」

「グッズの発表のたびにジェネレーターが話題になるらしい」
「ほな、ヤバTのやんか!グッズ発表で毎回ジェネレーターが話題になる日本唯一のバンドやからなあっ!今となってはヤバTのファンである顧客もなんでジェネレーターであんなに盛り上がっているか理解できてへんからなあ。そんなんヤバTで決まりやん!」

「でもな、オカンが言うには、そのバンドのボーカル、めっちゃパリピらしい」
「ほな、ヤバTとちゃうわっ!ちょっと陽キャっぽい歌を歌うこともあるけど、絶対にヤバTのメンバーは陰キャ側の人間やから。休みがあったらめっちゃどうぶつの森とか進めちゃう、そういう類の人間やから。ほな、ヤバTとちゃうやないか」
「あと、そのバンド、新曲は毎回DVDの方が本編感あるらしい」
「ほな、ヤバTやないか!毎回、CDに付いてくるDVDの内容がシュールで面白いと話題で、音源よりもそっちの方が楽しみって人もそれなりにおるって話やからな
!!そんなんヤバTで決まりやんか。他になんか言ってなかったんか?」
「あー、そういえば、オカン、ドラムの見た目がエロいって言ってたわ」
「それはもうノーコメントや。オカンの好みわからんもん。ただ、俺がメンバーの仲でどれか選ぶとしたら間違いなくこやまさんよ。ここだけは譲れんからねっ!」

まとめ

結論。

本家ミルクボーイの内海が結婚したという話を聞いた。

9年付き合った末での結婚である。

ノリでの結婚とは大きな違いである。

でも、このタイミングだからこそ、ミルクボーイでヤバTのネタを書かねばならない。

そう思った次第なのである。

「わからへんねん」
「わからへんことない、ヤバTで決まり、オカンが好きなバンドはヤバT、これで決まり!」
「でも、オカンが言うにはヤバTのではないっていうねん」
「ほな、絶対にヤバTちゃうやんか!俺がタンクトップくんのモノマネしてたとき、どういう気持ちでそれみててん!?」
「ごめんごめん。でな、オトンが言うには、そのバンド、凛として時雨やないかって言うねん」

関連記事:ミルクボーイがポルノグラフィティでネタを作ったらどんな感じになるか本気出して考えてみた

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket