前説

スポンサーリンク

先日、米津玄師がおよそ2年半ぶりに新しいアルバムをリリースすることが発表された。

前作のアルバムの時点で元々売れっ子だった米津玄師だけど、「Lemon」のヒットを持って、売れっ子のレベルが大きく変わった印象を受ける。

平成最後の国民的なヒット曲になったのは、間違いなく「Lemon」だと思う。

YouTubeの公式動画では、5億という桁違いの数字を叩き出している。

それが、その現れだ。

そんな国民的なヒットを飛ばした「Lemon」リリース後の初のアルバムということで、どんなアルバムになるのか様々な人が期待していることだろう。

この記事では、そんなアルバムについての妄想的な記事を書きたい。

本編

「STRAY SHEEP」というアルバムへの妄想

例えば、米津玄師とも親交があり、上半期に一番のヒットアルバムをリリースしたと言っても過言ではないKing Gnuの場合、わりと大衆的になったことを受け入れたアルバムを作ったイメージを受けた。

その気になれば、もっとアーティスティックになれるというか、聴く人を選ぶマニアックな作品を作ることができる中で、わりとシンプルにポップなものと向き合った印象を受けるのだ。

対する米津玄師はどうなるのか。

YouTube上の再生数が億単位の楽曲が複数収録される米津玄師のアルバム。

普通に考えたら、収録されるヒット・ソングのメソッドを巧みに利用した名曲を多数収録して、爆発的な人気を誇るアルバムを作りそうなものである。

でも、米津玄師が「枠組み」にハマる歌を作るのって、タイアップありきであることが多いというか、オーダーありきだからそうする、みたいなところがある気がする。

つまり、ノンタイアップの曲を複数収録することができるアルバムにおいて、わざわざ「置き」にいくような真似はしないがする。

むしろ、普段はナリを潜めているもっとコアな部分を、アルバム収録曲に爆発させるような予感もするわけだ。

スポンサーリンク

どんな楽曲が収録されるのか?

1億再生を突破して、アルバムにも収録されるヒット曲「Flamingo」。

でも、ヒット曲という肩書に対して、楽曲の内実はかなり「変わった」曲だよなーと思う。

過剰に声ネタを取り入れて、クラブソングっぽいニオイも入れつつ民謡的なサウンドも楽曲に忍び込ませた変態的な一曲だ。

USやUK(特にフランク・オーシャン「Blonde」以後のポップ・ミュージックの要素)の音楽に大きな影響を受けつつ、国内の音楽も咀嚼する幅の広さが今の米津玄師にはある。

しかも米津玄師の場合、狙って「ジャンルを広くしている」というよりは、自分の中でインプットしたものを感覚的にアウトプットしてみると、他のアーティストにはない形の「まじり方」を平気で行っているフシがある。

その感覚が他のアーティストにはない鋭さを持っているわけである。(そういう点では、わりと計算でやっているように見えるKing Gnuと対象的な気もする。いや、もちろん両者とも感性と計算の両方がずば抜けているんだけどね)

ただ、ここまで紹介した楽曲の多くに通底する特徴は、人の声を加工して「サウンド」として組み込んでいることだと思う。

「海の幽霊」もボーカル全般にエフェクトをかけているわけだけど、きっとこれだって「声を加工してサウンドにする」という発想から生まれたもののように感じるわけだ。

元々「ボーカロイド」というような、人の声と楽器の中間のような道具を作って、音楽作りをしてきた米津玄師にとって、「声すらも楽器になる」という発想は、そんなに遠いものではなかったのかもしれない。

だからこそ、声であれ楽器であれ、「音を加工していく」意識やセンスのあり方が、他のアーティストとあまりにも違っているのかなーと思ったりする。

洋楽でもなく、和楽でもない、不思議なバランスを次々と生み出す要因は、そこにあるのかなーと。

音に対する嗅覚があまりにも優れているというか。

まとめ

こういうヒットソングを生み出したから、きっとこういうアルバムを生み出すに違いない。

そういう想像を軽やかに越えるような作品を作ることだけは間違いない。

そして、きっとその作品は本来の水準なら「ポップ」と言えないようなマニアックなものである気がするのだ。

ジャケットだって、なんかすごいアーティストな装いを醸し出しているしね。

でも。

米津玄師の手にかかれば、そういうレベルの楽曲ですらも「ポップ」なものになってしまい、たくさんの人を魅了して驚異的な数字を叩き出すような気がする。

いやーほんと、アルバムがリリースされる8月が怖い。

ポケモンにハマってしまって、それ以外のことが手につかなくなってしまったあの日の夜のように、自分はしばらくの間、米津玄師の音楽に縛られてしまいそうだからだ。

米津玄師のアルバムがリリースされてから、ぱたりとこのブログの更新が止まってしまったら、きっとそういうことなのだと察してほしい。

今のうちに、そういう忠告をここでアナウンスしておく。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket