前説

スポンサーリンク

まあ、タイトルがこの記事の総意みたいなところがある。

つまり、香取慎吾の「20200101」がめっちゃ良いのである。

なので、ポップ・ミュージックが好きな人はぜひ聴くべきだと思うのだ。

この記事では、そのことについて書いていきたい。

本編

なぜ聴くべきなのか?

香取慎吾って、その立ち位置から国民的アイドルと捉えている人も多いと思う。

さすがにこのご時世で、アイドルの音楽はレベルが低いなんて考えている人はいないだろうけれど、どうしても有名すぎるが故に、“イロモノ”として見てしまう人もいるかと思うのだ。

でも、このアルバムは、そういう色眼鏡みたいなものを一発でふっ飛ばしてしまう魅力に溢れている。

というのも、このアルバムはすごくアーティスティックなのだ。

様々なアーティストとフィーチャリングをしていることで楽曲ごとの特徴が異なっており、とてもカラフルな仕上がりとなっている。

KREVAやスチャダラパーのようなラップやヒップラップに精通したアーティストもいれば、WONKやyahelのようなロックをアップデートさせたバンドとのコラボもある。

そして、どのフィーチャリングにおいても、それぞれのアーティストのカラーが隅々にまで冴え渡っているのだ。

男性ソロアーティストでも、須田景凪からSALUから、向井太一まで幅広いラインナップ。

得意とする音楽や作風もまったく違うアーティストとのコラボを実現させつつ、それぞれの楽曲でそのアーティストならではのカラーを出ている。

にも関わらず、どの楽曲も、最終的に香取慎吾と完璧に溶け合っており、“香取慎吾の楽曲”になっているのだ。

そうなのだ。

この「それぞれのアーティストのカラーが楽曲ごとに出ている」にも関わらず、どの楽曲も無理なく香取慎吾のカラーともしっかり混ざり合っていること。

これが、すごいのだ。

だから、アルバム全体がとてもカラフルだし、ジャンルのバリエーションもすごくある。

けれど、きちんと香取慎吾の作品として着陸しているから、アルバム全体としての変なうるささは感じず、つるっと聴けてしまう魅力も兼ね備えているのだ。

普通、アルバムって気に入っている歌とそこまでハマらない歌で差が生まれてしまう。

だから、ある程度聴いていると、いくつかのアルバムの楽曲を飛ばして聴くようになってしまいがちだけど、香取慎吾のこのアルバムはそういうことがない。

どの曲も良くて、どの楽曲にもそれぞれの良さを見つけてしまうのだ。

スポンサーリンク

アルバムの流れが素晴らしい

TeddyLoid&たなかとフィーチャリングした「Prologue」は、明るい幕開けで始まる、軽快なビートが響くダンスナンバーだ。

Bメロも連符になるメロディーラインが心地よくて、思わず踊りだしたくなってしまう。

アルバムの始まりがそういう軽やかな始まりを迎えるから、そういう流れで続いていくのかと思えば、次の「Trap」では流れは微妙に変わる。

「Trap」は、楽曲のグルーヴや香取の歌声を堪能できる楽曲であり、「Prologue」と魅力のポイントが違うため、音楽的な充実度が一気に開けていくのだ。

アルバムを通して、どんどん音楽の魅力に泥濘んでいく感じが、とても心地よいのだ。

アルバムタイトルにあるように、0101=ワイワイ、を体現するようなワクワクさ。

そういう展開を持ってして、アルバムは進んでいくのだ。

3曲目の「Metropolis」になると、技巧派のバンドのWONKとのフィーチャリングで、よりグルーヴを重視するような楽曲に移行していく。

そして、この頃になって気づくのだ。

香取慎吾の声ってめっちゃ良いなあ、と。

どの楽曲でも綺麗に歌声がハマっており、楽曲の世界観を邪魔しないのに、きちっと声も耳に残るような聴き応えを感じるのだ。

どんなテイストの歌でも、自分の歌にしてしまっている香取慎吾の凄さに虜になってしまっているはずだ。

氣志團のような楽曲でも、スチャダラパーのような楽曲でも、香取慎吾の声が存在感を示しており、その声に導かれるようにして、音楽の楽しさにどんどん突き進むことができる。

そういう感じで、楽しい気分で、どんどんアルバムを聴き進めることができるのだ。

そして、ラストはBiSHとコラボした「FUTURE WORLD」。

この楽曲では、アルバムの終末にふさわらしい、壮大なストリングスで幕開ける楽曲が展開されて、最後の最後まで一切のスキを見せることなく、充実の音楽を堪能させてくれるのである。

そういえば、今回のアルバムで香取慎吾がこだわったのは、楽曲ごとで全てテーマを変えるということだったらしい。

つまり、他の楽曲で似たようなテーマを歌っていたら、他のアーティストとのコラボでは、そっちの方向には進まないような香取自身がコントロールしたらしい。

だからこそ、アルバム全体を聴いたときの感想が、とんでもない名作と出会ってしまったような気持ちよさを感じるのかなーなんて思った。

プレイヤーとしても香取慎吾が素晴らしいわけだが、ある種、プロデューサー的な広い眼差しを持っており、そういう才覚も炸裂していたわけだ。

マルチな香取慎吾だからこそ、創り上げることができた名盤であるように感じるのだ。

香取慎吾が今、タッグを組みたいと思ったアーティストとコラボしているからこそ、各々の楽曲の質が高い、というのは、ある。

ただ、それだけではなく、香取慎吾の才能が炸裂しているからこそ、このアルバムはより輝くものになったのかなーと思うのだ。

というのも、楽曲ごとに、香取はアーティストと顔を突き合わせて、意見を交わし合いながら、楽曲を作ったらしい。

細かなところで香取自身がアーティストに意見を投げて、キャッチボールしながら作ったからこそ、一部のスキもない作品が揃ったのかなーなんて思うのだ。

何より、香取慎吾は単純に音楽がめっちゃ好きなのだろうなーなんて思う。

色んな音楽を聴いており、感覚的に色んな音楽的な引き出しを持っているからこそ、どういうタイプの楽曲でも「最適な形」に落とし込むことができたのかなーなんて思うわけだ。

まとめ

ロック、ヒップホップ、ダンス・ミュージックのどれかが好きなリスナーならば、間違いなくどこかの部分で刺さる感のあるこのアルバム。

有名な人が作ったイロモノのアルバムなんでしょ?という理由でまだ聴いていない人がいるならば、単純に勿体ないと思う。

単純に、ぜひ聴いてみてほしいなーと思うアルバムなのだから。

余計に、そう思うのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket