前置き

スポンサーリンク

以前、質問箱にこんな質問が届いた。

この質問者はすごく純粋な気持ちで「どう思いますか?」と質問してくれたのだろうし、将来のことを考えると色々大変だよなーと思いつつも、音楽の夢を諦めない健気な人なのだと思う。

実際、音楽だけでメシを食うのが難しいとわかっていて、だからこそ「一旦、社会人で」という判断をするのだと思う。

その判断自体は悪いことではないと思う。

何より、昔に比べて働きながらもプロを目指す人は増えたし、それで成功した人も一定数いる。

少し働いてから仕事を辞めるのだって手だし、色んな挑戦ができることが若い人の最大の特権だと思うのだ。

だから、今のうちに、ぜひ色んな挑戦をしてほしいと思う。

ただ、ひとつだけ気になるのが「仕事をしながらメジャーデビューは目指せますか?」という問い。

んんんんんんんん?

この人にとってらメジャーデビューがゴールなのたろうか?そんなことを思ってしまうのだ。

もちろん、質問の本意としては、とりあえずメジャーデビューできれば「音楽でメシが食える」入り口に立てるということだろうから、そこを目標にしたい。

メジャーデビューをしたら親に仕事を辞める口実もできるし、奨学金が返せなくなる不安はとりあえず解消できる。

だから、メジャーデビューが決まるくらいに自分がなれたら、仕事をやめても問題ない状況ができているだろう、そんな判断だと思うのだ。

ただ、そこまで考えても、うーむと思ってしまう。

仮に、自分にとってメジャーデビューというのはこういう意味合いがあって、音楽でメシを食う上でメジャーデビューは重要な要素になるんです、っていうんであれば、メジャーデビューを目指すことは悪いことではないと思うのだ。

でも、メジャーデビューって別にゴールではないよなーと思ってしまう。

もちろん、どういう契約を結ぶかでその後の給料は大きく変わるだろう。

けれど、基本的にメジャーデビューになって保証されるのは、音源を作る環境と、音楽をプローモーションしてくれる環境だけだ。自分の将来的な食い扶持は保証してくれない。

結果が出なかったら契約は切られるわけだし。

だから、音楽でメシが食えるという夢の一つのゴール地点をメジャーデビューにするのは、危険だよなーと思うのだ。

何より、働きながらも音楽活動ができるのと同じように、今日日、メジャーデビューを目標にする意味もそんなにないわけでして。

もちろん、こんなやりたいことがあるから、もっと環境が整ったところで音楽を作る必要があって、だからメジャーデビューしなくちゃいけないんだ!みたいな「理由」があるならいいと思う。

けれど、そうでもないなら、メジャーデビューというのは、結果論くらいでみた方がいいのでは?と部外者ながら思ってしまうのだ。

少なくとも、目標の据え置き方は、もう少し別のものにおいた方がいいのではないか?と思うわけだ。

スポンサーリンク

目標の据え置き方

本質的な問題として、なぜメジャーデビューを目指しているのか?という話になると思う。

もっと言えば、なんで音楽でメシを食いたいの?という話になると思う。

もし、そういう時に「他人からの見栄え」を意識したものが優先されているのだとしたら、悪いことは言わないから、その夢を持つのはやめた方がいいよなーと思うのだ。

でも、きっと音楽が好きだからとか、より自分の音楽をたくさんの人に聴かせたいからとか、他のバンドよりも自分の作る歌の方が絶対良い歌だと思っていて、それを他の人に聴かせたいからだとか、色々理由があると思うんですよ。

心の奥底にある、良い意味でドロドロした何かがあるから、きっとわざわざ音楽をやろうとするんだろうし、表現者として、骨の折れる道をわざわざ歩もうとしているんじゃないかなーと思うわけです。

そういう「心の本音」みたいなものと向き合うのが大事なんじゃなかなーと。

で、そういうのと向き合えば、メジャーデビューが目標にはならんと思うのです。

じゃあ、どういう目標になるのか分からんけれど、他人の目とか、不安を取り除きたいから、そんな理由がベースだからメジャーデビューというのが目標になっちゃっているだけで、そうだときたら違うよねーってことです。

だったら、もっと別の目標の据え置き方があるんじゃないかなーと思うわけです。

たくさんの人に自分の音楽を聴かせる、ということが目標ならyoutubeだってあるし、SNSだってあるし、色々と「届け方」が多様化しているこの世で、作戦の立て方は幾らでもあるわけです。

バンドなんだからライブハウスでやらないとな〜なんて意見もあるかもしれないけれど、極論を言えば、ライブハウスにこだわる必要だって、別にないとは思う。

まあ。

夢を見る場合、目標を定める場合、その据え置き方がすごく大事だし、ピントのズレた定め方をすると、狂っちゃうこともあるから気をつけなきゃねーってことです。

きっと、きちんとした方向性で無我夢中になれば、その夢、きっと叶うんじゃないかなーって思うから。

まあ、ピュアに頑張っている人は純粋に応援したいなーとは思いますので、僕にできることがあれば、ぜひぜひ相談してくださいな。

では、今回はこの辺で。

ではではでは。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket