LINEで送る
Pocket

5月25日にニューミニアルバム「アンサーパレード」を発売したsumika。

スポンサーリンク

今回はその中から「Lovers」を取り上げたいと思う。

※当記事について著作権違反という申し出があったため、歌詞の引用部分に関して一旦全て削除にしますが、お手数ですが、歌詞に関して別サイトでご参照になりつつ、当記事をお読みください。お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

歌詞は別サイトで見てもらってると仮定して話をはじめていこう。

それにしても、清々しいほどの女々しさである。

ゴールデンボンバーもびっくりである。

目を見張るフレーズはたくさんあるのだが、「インクが滲む」ってところは、B5のノートを書きながら僕は泣いてるわけで、おそらくは彼女は浮気をして僕の元を去ったということであろう。

けれど、それでも、僕は君のことが諦めきれないから、色々と自分を納得させるための言い訳をした挙句が、浮気してもフラフラしてもいいから最後の最後の最後には僕の元に帰ってきてよ、というメッセージだったわけだ。

純愛っちゃ純愛だけど、君のこと待つより他の女の子探した方がいいんじゃないの?そんな移り気な君のこと待つよりも、と思うのは野暮な感情だろうか。

ちなみにB5のノートってあんまり見ない気がする。最近はA4の方が一般になったから。

B5のノートを使うということは彼は大学生の可能性が高い。

17歳は昔なわけだから、まあそんなもんな感じがするわけだ。

それにしてもあなた朽ち果てるまで愛するということはもはやメンヘラな気もあるから、そういう男の子はぜひaikoみたいな女の子をみつけて、幸せな恋愛をして欲しいと切に思うばかりである。

ちなみにそんな「Lovers」が入ったミニアルバム「アンサーパレード」の収録曲はこちら。

1.sara
2.Lovers
3.明日晴れるさ
4.1.2.3..4.5.6
5.enn
6. 溶けた体温、蕩けた魔法
7.「伝言歌」-Answer Parade ver.-

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket