LINEで送る
Pocket

CDデビュー25周年を記念したSMAPのベストアルバム『SMAP 25 YEARS』。

スポンサーリンク

このアルバムはファンからのリクエストにより収録曲が決定するアルバムなのだが、人気1位に輝いたのは、2006年のアルバム『Pop Up! SMAP』に収録されている「STAY」という曲だったのである。(ちなみに2位は「ライオンハート」のカップリングである「オレンジ」である)。

テイストとしてはラブソングなこの歌だが、なぜこの歌が人気1位となったのか。

歌詞をひもときながら、その理由を考えてみたい。

作詞:佐原 けいこ
作曲:日比野 元気

この先どうしようもなくすれ違ったり
言い争いがあったりもしても
どうか道の途中で 手を離そうとしないでよ
ちゃんと繋いでてよ
Let you know 大事なのは続けること
楽しいだけでいれない時も

I’ll be… Won’t you stay?
We’ll be 罪を捨て 僕らずっと共に歩こう
永遠なんて言わないからさ 5、60年 それだけでいい
There will be good days
キミを欲しくって これ以上の願いはないよ
キミのポケット 潜む孤独も ゆっくりと溶かすから
We’ll be together Yours ever

こうして出会えたから それでいいのさ
大丈夫 心配しないで
Let you know キミの過去も弱いとこも
すべて愛しく受け入れよう

I’ll be… Won’t you stay?
We’ll be 賽を振れ 僕がずっと隣にいよう
キミが何かを憎まぬように 無意味に傷つかないように
There will be good days
ただ笑い合って これ以上の願いはないよ
キミの笑顔の理由(わけ)が僕なら 誇らしく思うから
We’ll be together Yours ever

いつまでも
I’ll be… Won’t you stay?
We’ll be 愛を撃て 僕らずっと共に生きよう
永遠なんて言わないからさ 鼓動止む そのときまで
We’ll be together Yours ever
あなたと共に歩こう いろんなことを乗り越え
たったの50年 一緒に…

以上である。

スポンサーリンク

この歌、2015年の大みそかから元旦にかけて放送されたた『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2015⇒2016』でも披露された楽曲であり、SMAP解散騒動が浮き彫りになってきたタイミングでもあった。

2016年1月18日に放送されたSMAP×SMAPで、公開処刑のような、メンバー全員による謝罪会見は記憶している人も多いのではなかろうか。

そういった微妙なタイミングのときに、あえて披露された楽曲なのである。

普段はダンスの演出などは香取が行っているのだが、このときだけは香取がドラマ出演で時間を取れなかったこともあり、中居が演出を行い、その演出の評判が良かったこともあり、「解散なんてデマか」という空気にさせたものであった。

歌詞をみると、本来の意味としてはラブソングになるのだが、読み方によってはSMAPのことを歌っているような歌詞にも見えるし、もしかしたらあり得たかもしれない未来について歌っているような歌詞にも見える。

おそらく昨年末は本気で、少なくとも中居は本気でもう一度SMAPをやり直そうと思っていたからこそ、この楽曲を歌い、演出を手がけたのではないかというわけである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket