LINEで送る
Pocket

Mr.Childrenの新曲「ヒカリノアトリエ」。

スポンサーリンク

これはNHKの朝ドラ「べっぴんさん」の主題歌でもある。

この歌の歌詞について考えてみたい。

作詞:桜井和寿

雨上がりの空に七色の虹が架かる
そんなに単純じゃないって
この夢想家でもそれぐらい分かってる

たとえば100万回のうち、たった一度ある奇跡
下を向いてばかりいたら見逃してしまうだろう

さぁ空に架かる虹を今日も信じ歩き続けよう
優しすぎる嘘で涙を吹いたら虹はもうここにある

一体何の意味があるつい○○で考えている  
でもたった一人でも笑ってくれるならそれが宝物

誰の胸の中にだって薄暗い雲はある
その闇に飲まれぬように今日をそっと照らして行こう

Oh過去は消えず未来は読めず不安がつきまとう
だけど明日を変えて行くなら今、今だけがここにある

遥か遠く地平線の後方から心地よい風がその光を運んで 
僕らを包んでく

例えば100万回のうち、たった一度ある奇跡
ただひたむきに前を見てたら会えるかな

空にかかる虹を今日も信じ歩き続けよう
優しすぎる嘘で涙を拭いたら 
虹はほらそこに

過去は消えず未来は読めず不安がつきまとう
だけど明日を変えて行くなら今、今だけがここにある

きっと虹はもうそこにある

以上である。

内容については後ほど追記。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket