LINEで送る
Pocket

桑田佳祐の新曲「メンチカツ・ブルース」。

スポンサーリンク

この歌は「君への手紙」に収録されている楽曲である。

桑田佳祐らしいお遊びソングのように見えるが、歌詞にどんなメッセージを込めているのだろうか。

みてみよう。

作詞:桑田佳祐
作曲:桑田佳祐
俺のメンチ食べたのは
どこのどいつだ!? ほい
俺のメンチ食べたのは
どこのどいつだ!? ほい
ばあちゃんがよく言うことは
“道でコロッケるでねえ”

俺がパンツ脱いだのは
ゴムが切れたから
俺がパンツ脱いだのは
ゴムが切れたから
女房がよく言うことは
“タマにゃいいんじゃないのサ”

俺がさんま焼いたのは
一度たけしかねえ (コマネチ ドゥーワップ)
俺がさんま焼いたのは
一度たけしかねえ (コマネチ ドゥーワップ)
魚釣れたら添える
網はタモリじゃねえ

俺のメンチ食べたのは
どこのどいつだ!? ほい (キャ、キャベツしか残ってねぇよ)
俺のメンチ食べたのは
どこのどいつだ!? ほい (メンチだけに、俺にメンチて許しておくれ)
姉ちゃんがよく言うことは
“親にハムカツちゃ良くねえ”

俺がウ★コ踏んだのは
朝のハイキング・ロード (コマネチ ドゥーワップ)
俺がウ★コ踏んだのは
朝のハイキング・ロード (コマネチ ドゥーワップ)
“運がイイよ”なんて言うなよ
Bad luck in the morning
I’m feeling blue

以上である、

内容については後ほど追記。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket