LINEで送る
Pocket

Ken Yokoyamaが2016年3月10日に日本武道館にてライブイベント「DEAD AT BUDOKAN RETURNS」を開催することが決定した。

Ken Yokoyamaが日本武道館公演を実施するのは2008年1月の「DEAD AT BUDOKAN」からおよそ8年2カ月ぶりのこと。

この公演は9月2日リリースのニューアルバム「Sentimental Trash」のレコ発ツアーファイナルを兼ねて行われるもので、当日はゲストとしてSLANGが出演する。

それにあわせて、Ken Yokoyamaのオフィシャルサイト内に「DEAD AT BUDOKAN RETURNS」の特設ページがオープンした。

今後、色々とチケット発売の告知をするわけだが、「Sentimental Trash」にはチケット先行予約申し込み用のシリアルナンバーが記載されたチラシが封入されるので、ぜひ確認するようにしよう。

しかし、今回の武道館発表でひとつ注目するべきポイントがある。

それは特設ページに寄せられた横山健のコメントである。

百聞は一見にしかず。

読んでみてほしい。

スポンサーリンク

2015年3月10日、8年2ヶ月振りに武道館のステージに立ちます。
長い間待ち望んでいた、Ken Yokoyama武道館再び。
「DEAD AT BUDOKAN RETURNS」と名付けました。

近年フェスなどで大きな舞台を踏ませてもらうことは多々あります。
しかし自分達で舞台を一から作って立つのは、2010年の「DEAD AT BAY AREA」以来
です。
実はその2010年に思ったことがあります。
「きっとこれが最後の大舞台だ」
もう自分には、自分のために大きな舞台を作るエネルギーも力も残らないだろ
うって思ったんです。
本気でそう思っていました。

その一方「武道館にはいつか戻りたいなぁ…」というのは感じていて、いろん
なタイミングがうまく重なるのを待っていました。
二度と来ないかもしれないけど、待っていました。
タイミングは来てもエネルギーはないかもしれない、そう思いつつも待っていま
した。

まだ今ならエネルギーはある、執念っちゅーエネルギーです。

今回、再び武道館に戻れることになって、言葉以上に嬉しさを感じていますが、
「I Won’t Turn Off My Radio」の歌詞にある通り、だいぶ遠くまで来てボロボ
ロになった自分を実感してます。

恐らくオレがなにを言いたいか、もう皆さんに察していただけたと思います。

できれば多くの方に、都合をつけて観に来てもらいたいです。

と、こんなコメントを発表しているのである。

まさかkenさんが引退するのではないかとまことしやかに囁かれているわけであるが、果たして真相はどうなのだろうか。

本日はラッシュボール。

もし何かMCで話すことがあれば、この続きを書きたいと思います。

スポンサーリンク

で、ラシュボの時の感想も含めて追記。

健さんがキッズに対して、おもいっきりキレて終始不機嫌でライブをやったというのはこの記事を読んでる人ならほとんどの方がご存知ではないだろうか。

まあ、言葉の選び方が良くなかったり、MCに脈絡がなくて真意がうまく伝わってなかった部分もあるが、要は音楽をちゃんと聞かずに暴れたいだけのやつに対して苦言を呈したわけで、主張している内容自体は至極真っ当だと思った。

だが、ひとつ違和感があって。

そこに異様な切迫さを感じたわけだ。

何かに妙にいそいでいるようなそんな気がしたわけだ。

武道館で引退するのでは?というこの記事の本筋とも少し交差するところであるが、個人的にはラシュボのときの健さんののパフォーマンスが気になった。

異様にギターのフレットに顔を近づけながらギターを演奏するし、立つ時間よりもしゃがみこんでギターをプレイすることの方が多かった。

なにより顔色が良くなかった気がするのだ。

つまり、健さんは体調が良くなかったのではないか。

そう言えば、健さんはくだんのブログで身体がボロボロという言い方をしたが、それは文字通りの意味であり、実は病気を患っているのではないか。

だから、武道館で書いたあの言葉は「引退する」というより、病気により入院しなければならず、強制的にライブという一線から退く必要が出たのではないかと考えているわけだ。

そして、ドクターストップがかかるギリギリまでライブをする。そのギリギリが武道館の日なのではないか、と。

だって、スペシャに出てた健さんは来年も京都大作戦に出るんだとあんなにいきまいていたのだ。

これからメディアにも露出してロック好きな子供を増やしたいって言ってた健さんが、こんな短いスパンで引退なんてするはずがないじゃないか。

もっと物理的な理由で、ライブを自粛しなければならない何かが健さんに迫っているのだ。

と、ラシュボのライブを見て、予測したわけである。

だって、健さんがガンとかそういう重い病気になっとして、どっかのバンドマンみたいに「大事なお知らせ」とか言って告知するわけないから。

喉を切ってポリープ摘出レベルの話なら、あったことさえ言わないだろう。

そう考えると、急にフェスで怒りのMCをしたことも、武ホームページの言葉も、引退の示唆も繋がるのではないか。

という妄想なのでした。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket