LINEで送る
Pocket

スピッツの「夢追い虫」の歌詞について書いていきたい。

スポンサーリンク

ボツになり続けてお蔵入りになり続けたこの楽曲。

そんな歌の歌詞に改めてスポットをあててみたい。

作詞:草野正宗
作曲:草野正宗

笑ったり 泣いたり
あたり前の生活を
二人で過ごせば
羽も生える 最高だね!

美人じゃない 魔法もない
バカな君が好きさ
途中から 変わっても
すべて許してやろう

ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しずつ進む あくまでも

吐きそうなくらい 落ちそうなくらい
エロに迷い込んでゆく
おかしな ユメですが
リアルなのだ 本気でしょ?

ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しずつ進む あくまでも

命短き ちっぽけな虫です
うれしくて 悲しくて 君と踊る

上見るな 下見るな
誰もがそう言うけれど
憧れ 裏切られ 傷つかない方法も
身につけ 乗り越え
どこへ行こうか?

ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しずつ進む あくまでも

ユメで見たあの場所に立つ日まで
削れて減りながら進む
あくまでも
あくまでも

以上である。

内容については後ほど追記。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket