LINEで送る
Pocket

ワンオクのTakaがインスタに書いた文章が話題になっている。

スポンサーリンク

まずはその文章がこちら。

賛否両論あり、ファンからもそうでない人たちからも様々な意見が飛び出す自体となった。

これについての批判的な意見の多くは「甘え」だとか「有名税だから仕方ないんじゃないの?」とか「言いたいことがあるならライブで言え」とか、そんなものが多い。

ただ、今回の文章でTakaが呈した問題はただの愚痴ではないのだ。

もちろん、愚痴の部分もあるけれど、それ以外のメッセージもくっ付いているわけだ。

もう少し慎重になって、その文章を読み取る必要があるのではないか、という思うわけだ。

まずは、文章を細かく分けて考えてみよう。

Takaが呈した問題とは大きく分けて二つである。

1.海外行っても日本人がプライベート御構い無しに写真をパチパチ撮る。そのせいで、安息の瞬間がなく、みんなしんどい思いをしている。

2.海外のライブでさえ最前は同じ人。海外の人のためにライブしたいのに、どこにいっても同じ人である。

これについて言い換えをするならば、こういうことだ。

●どこにいても同じ人たちに追いかけれる。

●その追いかけ方にマナーやモラルがない。

つまり、この文章では、愚痴+マナーやモラルの話をしているわけだ。

まず、どこにいても最前が同じ奴問題について考えてみたい。

以前、そのことについてライブ中に観客に対して苦言を呈した人がいる。

MONOEYESのギター、トディこと戸高である。

彼はライブ中のMCでこんなことを述べた。

「どこの会場でも前にいる奴がいて集中できない。下がって。せっかく富山に来たんだから、富山の奴とライブがしたい。」

この発言も色々と賛否を呼んだが、この言葉に色んな思いがあるように思う。

これも大きく分けて二つだ。

1.その地域にいくのは、その地域じゃないとライブが見れないという人たちのために、という思いが一番にある。けれど、いつもの最前厨がその人たちの機会を奪っていた。

2.ずっと最前というのは普通はありえない。人脈に幅をきかせて半ば違法まがいでチケットを入手し、かつライブ中もモラルのない行動をとることでその位置を奪いキープしている。そういう非常識な行動が黙認できなかった。

やはり、たくさんの人に音楽届けたいという自分の思いと、モラルやマナーの違反をしている現状に苦言を呈さずにいられなかった、という二つの心情からきているように思う。

ちなみにユニゾンのメンバーは、ひとつのツアーでファンが来てくれるのは一回がいいし、来たいと思う人全員がそれぞれ最低一回ライブに行けるというのが一番の理想であると答えてる。

だから、彼らはツアー中のセトリは固定するという拘りを持っている。

上記について、同意するバンドマンは多いのではないだろうか。

スポンサーリンク

また、エルレ・MEANINGの高田はこんなことをTwitterで呟いていた。

MEANINGアーミーの皆さん。うちは全箇所追っかけと最前占拠大歓迎ですよ。まあそもそも客がいないんですけどねって死にてえのかこの野郎。

まあ、これはジョークだと思うが。

どのバンドマンも、ライブを見てもらったあとに「もう一度ライブにいきたい」と思ってもらうことは光栄なことだと思っている。

これは間違いない。

けれど、他のライブに行きたいと思っている人の(特にその地元のライブでしかライブが見れない人)の機会を奪ってまで、遠征するとなると「そこは我慢して、その子に譲ってほしい」というのが思いとしてあると思う。(だから、バンドはわざわざバカにならない交通費を払ってでも遠征するのだ)

なにより、チケットがソールドしてるのに毎回同じ人が最前だなーとバンド側が認識できるということは、その人は幾つかのモラルない行動をしている可能性が高いわけだ。

要はモラルのない行動は辞めてほしいというのが一番思いだと思うのだ。(転売チケットの反対だって基本は同じ理屈である)

ライブ中だって、チケットの取り合いだって、本質としては「助け合い」だと思っているから自己中なやつはやつぱり許せないし、苦言を呈してたくなる、ということだ。

ちなみに全国のライブのチケットを確保し海外遠征まで出来る金銭はどこから出てるのか?という問いと、高額転売は誰が行っているのか?という答え合わせをすれば、問題の本質はさらにクリアーになると思う。

で、ワンオクのTakaも、この文章でその二つのことを話しているのだ。

色んな人にライブを見てほしいという自分の想いと、モラル・マナーのない人への苦言の話である。

批判している人はそれを一緒くたにしているから的外れな批判になってしまっているのだ。

まあ、有名な人を(自分なりの)正論で論破することでしか自分の承認欲求を満たせないという才悩人のコメントもたくさんあるわけで、それは無視するに限るのだが。

ライブのマナーというのは、わりとTwitterでも再三語られているが、それ以外の部分でのマナー(チケットの取り方とライブの定位置について、あるいみは常連がイキってしまう風潮などなど)というのは、まだまだ語られていない部分が多いように感じる。

写真の件だって、○○のバンドは快く写真撮ってくれるのにー!みたいな批判は的外れだ。

海外なのに、ご飯とゆっくり食べられないし、外の空気を吸うことができないほど、マナーのない行動をしている「自称」ファンの人間が多さについて、Takaは苦言をしているのだ。

写真を撮ることが良いとか悪いとかの話ではないのだ。

そこだけは履き違えてはいけない。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket