LINEで送る
Pocket

悲しい話であるが、人は騙し騙され生きている生き物である。

スポンサーリンク

かくいう僕もネットでは多弁を極めているが、リアルでは超絶コミュ症の陰キャラをキめている。

電池が切れかけているファービーよりも、渋い反応と対応力しか示すことができず、己のコミュ力に苦虫を噛み潰す日々。

まあ、ネットとリアルは良くも悪くも乖離が生まれやすいものである。

それはさておき、Twitterの音垢界隈で、やたらと「臭う」ツイートを散見することがある。

ここでいう「臭う」とは色んなニュアンスを含んでいるのだが、端的に言えば「信用できない言葉」と言い換えてもらってもいいかもしれない。

この記事では、そういう臭うツイートを放っている音垢たちのツイートを優しい言葉でディスっていきたいと思う。

同行枠は女子限定で!

「エルレ 同行」なんかで検索すると、出るわ出るわ、同行が余っているので、誰か一緒に行きませんか!という臭いそうなツイートの数々。

色々突っ込むところしかないから単刀直入に言うが、我が最初から一人で行くつもりなら大人しく一枚がけで申し込まんかい!!と抽選に落ちた全俺が文句を垂れてしまいたくなる。

いや、別にぼっち参戦濃厚でも複数枚申し込みをしてもいいし、リアルでお友達がいないならTwitterで同行を探してもいいとは思う。

が、普通にTwitterで息をしていたら「エルレが好きな音垢さんのお友達」なんて死ぬほどいるだろうに、そういう奴らは完全スルーで同行者を探すなんて、お前はなんて香ばしいんだと思ってしまう。

けれど、もしかしたら普段は能動的にTwitterをやってなくて、そんなに仲の良いフォロワーなんていなくて、でもたまたま今回エルレのチケットの同行枠が余ったから募集をかけているんだとしたら仕方がないのかもしれないが、募集要項をみたら、男であるお前が一丁前に、

「同行者の募集は女子限定で!」

死ね。

いや、ごめん。言い過ぎた。

とりあえず、タンスの角に小指を当てて、ものすごい微妙な痛みに数分間悶えてくれ。頼む。マジで。

いや、本当にチケットを持ってて、同行枠を誰にするか迷っているなら、男であれ女であれ好きに誘ったらいいとは思うけれど、それにしたって、募集ツイートから只ならぬ性欲を滲ませるな。

せめて、もう少しその性欲を隠せ。

なにより、こういう露骨なツイートをする奴は、そもそも詐欺である恐れが大いにあるわけで、そういうところが一番臭うんだよなーという話。

スポンサーリンク

今日のフェスはぼっち参戦です!!

Twitterを観測していると、今日のフェスはぼっち参戦、という人をそれなりに見つける。

ぼっち参戦はメリットもあればデメリットもある、というのが個人的な印象だが、やはり一人だとどうしても依存しがちになるものがある。

Twitterだ。

入場までの時間や、ライブが始まるまでの時間など、何かと待つことが多いフェスという現場。

その待ち時間、ぼーっと物思いにふけったり、一心不乱にステージだけを見据える人もいるかもしれないが、正直その時間、暇で退屈であることは間違いない。

そんな時間の暇をつぶすのにもってこいなのがTwitterなのである。

なにより、ぼっち参戦で悲しいのが、すごく興奮するライブをみたとしても、すぐにその場でその感動を共有できないことであるし、ぼっちで参戦するということは、そもそも私生活で同じ趣味の人がいない可能性も高く、時間が経ってもリアルでそのライブの感動をシェアできない人もいることだろう。

こうなると、同じ喜びを噛み締めてくれる人を見つけやすい、Twitterという存在はとても有り難いわけだ。

で、それ自体はとても素敵なことだと思うんだけど、時たま、ぼっち参戦者のツイートを巡って「んん???」と思うことがある。

フェスの日にTwitterをみると「今日はぼっちで参戦するので、絡んで下さい!!」みたいなツイートをよく見かける。

これは、わかる。

どうせなら誰かと一緒に絡んだりした方が楽しいから。

しかし、ぼっちをアピールするアカウントのはずなのに、よくみたら、全然ぼっちをかましていないアカウントが一定数いるのだ。

もしかしたら、会場に着くまではぼっちだったのかもしれないが、圧倒的なコミュ力と人脈を駆使して、会場に着くやいなやフッ軽魂を活用して、どっかのメガネ田邊もびっくりの圧倒的エンカウント率を披露するのである。

そして、本気でぼっちをかましている「非モテ邦ロックアカウント」からの「●●ちゃん、僕もぼっちだから会場で会おうよ!」みたいなゴミリプは華麗にスルーし、自分はぼっちですので暇な人は絡んで下さいと言いながら、しっかりと絡む人は選別をして、常に人に囲まれた快適で充実のフェス休暇を満喫するアカウントが一定数いるのである。

こういうものをみると、こいつらはぼっち側なのではなく、ぼっちのフリしたリア充アカウントなんだなーなんてことを思ってしまう。

これは、理屈としてあれと似ている。

彼氏ほしいな〜みたいなアピールツイートの餌をまいて男どもの反応を伺い、リプを細かく選別して、ゴミ男からのゴミのようなリプは即刻無視を決め込み、見事、書類審査に合格したアカウントにだけちゃんと返事をする、そんな匂わせ系女子がやる、あの戦法。あれと似ている気がする。

何が言いたいかというと、「ぼっちですので、絡んでください」というツイートひとつとっても、ん〜このツイートは信用できんな〜という事案があるという話。

ぼっちアカウントひとつとっても、リテラシーが要求されるのである。

スポンサーリンク

日タグで自撮り晒して、気になった人はお迎え!とか言ってる奴ら全員

日タグをすることも、自撮りを晒すことも別にいいんだけど、この「気になった人はお迎え」という言葉だけがどうにも信用ならない。

あくまでも「音垢」として考える場合、ここでいう「気になる」とは、自分と趣味があうかどうかとか、好きなバンドが被っているかどうかとか、バンドに対するテンションが自分と合うかどうか、そういう所がポイントになると思うのだ。

が。

日タグのそれは「音楽の趣味」など無関係である。

ラウド大好きです!!!みたいな文言とともに自撮りを晒した日タグをしている男性フォロワーに、いかにSiMというバンドが凄くてかっこ良くて面白い音楽をしているかということを説いたところで、「気になる人」になることはない。

そのくせ、くりいぷはいぷが大好きです!みたいな文言とともに偏差値は低そうだけど、油断も隙も与えない詐欺写をかましている女性アカウントからの反応は一切見逃さないし、速攻で「気になる人」に昇格させ「繋がる」のである。

てててててめええ、お前の日タグにはクリープハイプの「ク」の字も出してなかったじゃねえか!!結局はビジュアルで選びやがってこのヤロー!!なにが音垢だあーっ!!!みたいなことが往々にしてある。

ちなみに、こういうアカウントをじっと観察していると「●●(女の子の名前)のおかげで音楽の幅広がったわ。マジでありがとう」みたいなことを後ほど呟きがちである。

まあ、広がったんならいいんだけどね。

ただ、「気になる人」なんていうあざとい言い方はしないで、美男美女だけお迎えとか言ってるアカウントの方がまだ潔いよなーなんて思ってしまう。

まあ、別に好きな人をフォローしたらいいんだけどね。数が増えても意味なんてないんだし。

そんな僕はここ最近、なぜかやたらとBumperからリムられます。不思議です。なぜでしょうか。

まとめ

まあ、この記事の多くはジョークではあるんだけど、チケット関係に関しては、本当に色んな意味でトラブルになることもある。

一時期、どうみても公式じゃない、公式と名乗るエルレのアカウントがプレゼント企画と称してフォロワー増やしていたことがあったけど、ああいうマジでヤバイアカウントすら簡単に信用してしまうのは本当に危険なので、最低限のネットリテラシーは身につけておくべきだよなーと、最近のTwitterをみていると思うことがある。

まあ、限りなくアウト側にいる僕みたいな人間がこういうことを言うのも、ちゃんちゃらおかしな話ではあるんだけども。

まあ、マナーを守って有意義な音垢ライフを送りましょうぜ!って、そういう話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket