LINEで送る
Pocket

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料徴収する方針を固めた。

スポンサーリンク

音楽教室とはヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室を指している。

教室側は当然これに反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もあるわけだが、さて、ほとんどの人はこのニュースをみて、「カスラックめ、またやりおったな」と思っていることだろうし、「NHKと並ぶ公益ヤクザめ」と憎しみをぶつけている人も多いと思う。

ただ、これを感情論で片付けてはJASRACの思うツボなので、もう少しだけ問題の本質を探ってみたいと思う。

まあ、このサイトが著作権のことを言うなんてそもそも笑い草なわけで、セクハラしたおっさんが「売春はいかん!」と言ってしまうような「お前が言うなよ」という話になってしまうのだけれど、まあ、あえて書いておこうと思う。

なにもりJASRACはアーティストの権利なんてこれっぽちも考えていなくて、自分の食い扶持しか考えていないわけで、そういう機関が多くの著作物を管理している危険については改めて考えなければならないと思うわけだ。

まず、JASRACは著作権法をどのように解釈して、どのような理由で音楽教室から金を取ろうとしているのかを考える必要がある。

著作権法を読めば、著作者の権利を色々と規定しているわけだが、そのなかに「演奏権」というものがある。

これは、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする権利で、この権利は作曲家や作詞家が専有すると定めているのだ。

この規定を根拠に、JASRACはコンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきたわけだ。(歌を作っている人がそこにいるのに、その歌を歌う著作権をコンサート会場がJASRACに払うなんて、思えば変な話ではあるのだが)

この規定から、JASRACは音楽教室の生徒も不特定の「公衆」にあたり、教室で行われる演奏にも「演奏権」が及ぶと判断し、利用料をとる方針を固めたわけだ。

ここで争点となるのは生徒は「公衆」に当たるのか、また「演奏権」は練習指導にまで及ぶのかである。

スポンサーリンク

音楽教室は指導することで、生徒からお金を取っているのだから、ここでの練習指導は「演奏権」が発生すると考えるべきというのが、JASRACの主張なのかもしれないが、そもそも「著作権」とはどういう権利なのかをもっと根本から考える必要がある。

著作権法の究極の目的とは、文化を発展させることなのである。

これは法律にもしっかり書かれている(確か)。

つまり、著作権は、「特許法」や「商標法」「意匠法」のように産業や経済発展のために使われるものでなく、文化の発展を一番に考えるものなのだ。

つまり、著作権は本来的には「著作者の経済的利益を害することで文化の発展を阻害してしまう」場合に適用されるのだ。

著作者の経済的利益を保護することで、つぎの創作へのきっかけになるという思想というから成り立っているわけだ。

つまり、著作者の経済的利益を保護することはひとつの「目的」ではあるが、文化を発展させるための「手段」でしかないのだ、本来的には。

これを踏まえて、音楽教室の演奏指導を考えると、「練習指導とは、まさしく文化発展のために行われるものであり、起草の著作権法には不適合」と解釈する方が妥当なのではないか、ということだ。

もっと言えば、音楽教室から演奏料を取るのと、取らないのとでは、どちらの方が将来的な文化発展に貢献できるのか、ということである。

ここまで考えれば、答えは出てくると思う。

著作権というのは、あくまで「お金を稼ぐため」の方便ではなく、文化発展のために起草された法律であるということだ。

もちろん、最終的にどういう解釈が妥当と判断するのかは司法に委ねられるわけだが、著作権という法律の考えを色んな人が深めていくことが、より良い文化発展に行き着くのではないかと個人的には思う。

まあ、本当の敵はJASRAXですらなく、裏にはさらなる音楽業界のドンというかマフィアなんかがいたりするんですけどね。

なにより、お前が言うな、って話ではあるんですが。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket