LINEで送る
Pocket

Twitterにキメキメの自撮りあげるやつのほとんどは、ブス!

スポンサーリンク

Twitter上に漂う定説の一つであり、この定説はフレミングの法則と肩を並べるくらいには正当性のある定説だと思う。

というのも、ネットというのは多くの人にとって、現実社会の不満の「はけ口」なわけである。

人によってはヤフコメとかで非生産的なアンチコメントを書くし、人によっては2ちゃんねるのインディーズバンドのレスで音楽とは無縁の人格ディスりをするし、人によってはブログによくわからん駄文を寄稿したりするのである。

そんな数あるはけ口のなかで、「自撮り」を採用する人が一定多数いて、往々にして現実社会の鬱憤がネットの反動として現れがちで、現実ではビジュアルを褒められない人に限って、ネットで自撮りをあげちゃうわけである。

だから、往々にしてブス率が高くなるわけだ。

で、確かにネットで自撮りを晒すやつなんて、大した顔面偏差値じゃないことが多いし、惜しげもなく自撮りを晒すやつのネットリテラシーとその風貌で自撮りを晒そうと思ってしまった脳内構造には理解に苦しむこともあるが、人の悪口をネットに書き込むことで、己の「承認欲求」を満たすやつに比べたら、自分の身を切り込んで「承認欲求」を満たそうとする自撮りマンの方が100万倍偉いと思う。

実際、仮に顔面偏差値48くらいの自撮りだとしても、それを見ることを生き甲斐にしてる人だってそれなりにいるし、どんなことであれ、人に希望を与えられる人間になれるなんて、これ以上に素晴らしいことはないよなあ、とも思うわけだ。

音楽だって誰かの支えになることがあるのと同じように、ブスの自撮りだって誰かの支えになることだってあるわけだ。

誰もが音楽やってでかいステージに立てるようになれるわけではないが、自撮りを盛って人に希望を与える人間になることは誰だってできるわけだ。

だから、僕は例えブスであろうとも、自撮りをすぐに投下しちゃう人に尊敬の念を持つし、自撮りマンの皆様はこのまま周りに憚れることなく、例え風向きが悪くなるようなことになったとても、めげずにどんどん自撮りを投下したらいいと思うのだ。

僕はブス自撮りマンにエールを送りたい。

がんばれ、と。

確かに、顔面鑑賞能力を欠如した人が多いようで、どうみても盛れてすらいない、ただの「ブスな自撮り」に対してすら、中身のないヨイショしてしまい、無責任に「かわいい」だの「かっこいい」だの言ってしまっている場面をよく見かける。

これは由々しき事態である。

スポンサーリンク

ヤバTの「無責任に入籍を勧める歌」に感化されて本気で入籍考えるカップルと同じくらい由々しき事態である。

まあ、入籍の場合、無責任に勧めたところで「いや、流石にそれはしないし」と冷静な判断を下せる人間が多いと思われるが、自撮りに対する無責任なヨイショは、本人が自身を省みることを完全に阻害し、冷静な判断を下す機会を破壊してしまうのである。

つまり、ブスのくせに「自分はかっこいい・可愛い人間」と勘違いしてしまう人を量産してしまうのである。

間違った全能感は大きな力になることもなるが、時にそれは諸刃の剣となるわけである。

BUMPの某曲では「夢がゴミと化してはや幾星霜」と歌っていたが、このままでは「自撮り魔のメディア欄がゴミと化してはや幾星霜」な事態になってしまう。

とはいえ、本当のゴミなら「放っておいたらもはや公害」と言えるが、ブスの自撮りを「もはや公害」と言う勇気のある人はいないと思う。

だいたい、ブスブス言うけど、人の顔の好みなんて千差万別であり、安易にラベリングして
「ブス」と否定する文化だって良くない話だ。

BUMPは「持ち主がいるなら、それは夢ですよ」と歌った。

周りのほとんどがブス認定する自撮りだとしても、本気でその顔を好きと思ってくれる人がいるなら、それらブスの自撮りじゃないですよ、ということになるわけだ。

もし、仮に「#雰囲気嫌いじゃないよって人RT 」ってタグ付けしながらキメキメの自撮りあげているくせにアゴをよくみたら死ぬほど青いヒゲが残っているような自撮りだとしても、「#らぶりつください」とタグ付けしながらSNOWを駆使して、可愛く顔面をマンウィズ化したつもりが、どちらかといえばデーモン小暮に激似やんみたいな自撮りだったとしても、角度と光で盛ろうと努力したけどその甲斐なくてただのブスの自撮りになっていたとしても、それを本気で「素敵」と思える人がいるなら、その自撮りをバカにすることなんて誰もできないわけだ。

あの自撮りはちょっとしんどいわ〜wwwと周りが心の中でどれだけバカにしていたとしても、その自撮りを本気で「可愛い」と思ってる人がいるなら、その自撮りをバカにすることなんて誰もできないわけだ。

一生懸命頑張っている人をバカにするべきでないのは、夢を追いかけている人でも、自撮りに命をかけている人でも同じことなのだ。

ただ、それでも1つだけ許せないものがある。

雰囲気イケメンの自撮りとセットで、付きがちな下記のタグ。

#美男美女と繋がりたい

待て待て待て待て待て待て待て。

突っ込むところがありすぎて、スピードが追いつかないようなタグ。

まず、お前は詐欺っていて雰囲気がなんとなくそれっぽくなっているだけで「美男美女」にカテゴライズされる側の人間ではないのに、僕と同じ側の人大募集感何出しちゃっているの?と思うわけだ。

ちんこみたいな髪型してるお前の頭の亀頭、イガグリ製造ならお手の物なこのバリカンでゴリゴリ削ってやるぞ、このヤローと言いたくなる。

「繋がりたい」だけならまだわかるが、ドサクサに紛れて、何ちゃっかり人選別しちゃってるの?おまえ、ってわけだ。

だいたい、美男美女とだけ繋がろうとするこいつの下心がもう完全なるGood nightである。

このタグをみると「#雰囲気嫌いじゃないよって人RT 」のタグがなんと慎ましいことか。

ネットでしかチヤホヤされない自撮りマンは自撮り民らしく、最低限の慎み持っとけ、と思う。

慎ましみを忘れたブスは「飛べない豚」よりもタチが悪いのである。

何事も謙虚な心が大事ですね、というのが今日の結論。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket