LINEで送る
Pocket

ヤバTのファン呼称は「顧客」でいいじゃないか。

スポンサーリンク

ある日、本人がtwitterでそう呟いた。

「顧客」にする理由は、彼らのバンド名がヤバイTシャツ屋さんだからであり、Tシャツ屋さんという言葉を文字通りに捉えたとき、バンドとファンの関係は服屋さんと服屋さんに通う客になるわけであり、ならばヤバTのファンはTシャツ屋さんの「顧客」ということだよね、じゃあ「顧客」でどうよ、という話なわけだ。

で、それに対してファンの多くは賛同したり、代案を提示したり、面白がったり、とわいわいやってる感じである。

少なくとも、その発言を過度にディスるような殺伐とした雰囲気はまったくなさそうである。

ちなみに個人的には、ヤバTのファンの呼称は「バイト」という文言でいいのではないかと思っている。

理由は、バンドにおいてファンというのは貢いでもらうためだけの対象なのではなく、むしろライブも含めて二人三脚になって盛り上げる、持ちつ持たれつな存在だと思うわけであり、当事者意識のあるような言葉を呼称として使った方がいいと思うのだ。

なので、Tシャツ屋さんにお金を払うだけの「顧客」というワードではなく、一緒にお店という名のバンドを支えていくのだ、という意味で「バイト」という言葉を推奨したいのだ。

ちなみに、古参になれば、そのファンは「社員」へと昇格するというシステム。(ゆくゆくは店長とか、エリアマネージャーになると考えると、夢も膨らむではないか)

まあ、こんなこと言っておきながら「顧客」も「バイト」も定着せずに流れていくような気がするのだが。

閑話休題。

ファンの呼称を巡ってのヤバTファンのそれは、常に優しさと微笑みの溢れるものであり、殺伐とした感じがまったくなかったということは先ほど申し上げた通りなのだが、これって他のバンドではなかなか見られない光景である。

もちろん、ヤバTはネタでやってるから笑っていられるのだ、というのはあるのかもしれないが(そして、俺たちこういうお題に対して、こんなズラした回答できるなんで?オモロイやろ?感がすんごく滲み出てるんだけども)、他のバンドでこういう話をすれば、文句を言い合ったり、お互いを貶しあったり、揚げ足を取り合ったりして、わりと醜いことになりがちである。

これは○○erだろうが、wimperであろうが、ドロスファンだろうが、同じことである。

スポンサーリンク

先日、どっかのドロスファンが、これからはドロスファンのことは「アドベンチャーズ」でいいやんと言ってらしく、それがひどくディスられたらしいが、そういうことである。(ちなみに「アドベンチャー」提唱者がどんなテンションでそれを提示したのかは知らないが)

ファンにとってファンの呼称をどうするか、というのはわりと大事な課題らしく、己のポリシーがえらく滲み出てくる事案となるわけだ。

ただ、OOerでもいいしセカオ輪とかでもいいんだけど、顔でファンになっただけの人間がそのバンドに貢ぐようになっていく事例をみていると、そいつらこそがまさしく「顧客」なんじゃねえかと思うわけだ。

そして、音源に触れてライブにいったりしてそのバンドをしっかりと応援してる人間は「バイト」であり、「社員」なわけだ。

なーんてことを、呼称に対して敏感な過激ファンに提唱すれば、それこそ各ファンから猛烈なバッシングを受けることだろう。

呼称というのは、それくらい繊細な問題なのである。

そんな繊細な問題を「顧客」というパワーワードを使ってネタにしてしまい、本来なら炎上しそうな案件も、炎上するどころかむしろ同じようにネタにして盛り上がれるヤバTとヤバTファンの度量の大きさと柔軟さは流石というほかない。

とはいえ、そもそもファンの呼称ごときでそんなにも殺伐としなくてもいいやん、とも思うわけである。

そのバンドのファンであることに誇りを持っているならば、なにより純粋にそのバンドのことが好きならば、ファン同士でいがみ合い、己の価値観を押し付けあうなんて、なんだかみっともない話ではないかと思うわけだ。

こういうときは、SiMのMAHがtwitter上で発言した、とある言葉を引用したい。

SiMerってなに?ちょっと面白いけど(笑)でも俺、ファンに変な総称つけるシステム自体すごい嫌いなので、SiMのファンは普通に『SiMのファン』でいいと思います。以上です。

そういうわけだ。

それでいいのだ、というわけだ。

ちなみに「顧客」って変な総称なのだろうか?

それに関しては、一度、MAH本人に直接訊いてみたいところである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket