LINEで送る
Pocket

キュウソネコカミのフロントマンであるヤマサキセイヤが30歳になったということで、彼の魅力みたいなものを改めて書き記してみたい。

スポンサーリンク

1.歌詞について

セイヤの歌詞は世相を機敏に反映したものが多い。

カッコいい言葉で言えば、時代の空気を鋭敏に切り取った歌詞が多いというわけだ。

「若者」「スマホ世代」など刺さる歌作りは見事なもので、特に「ファントムバイブレーション」で登場した「スマホはもはや俺の臓器」というフレーズは秀逸さたるや。

例えとしても面白いし、言いたいことがすっと入ってくるし、スマホの依存度がよくわかるという意味でも、このフレーズはただただ素晴らしいと思うわけだ。

もちろん、このフレーズだけでなく、セイヤは幅広く、様々な人や物をターゲットにして歌にしている。

「童貞」「コミュ症」「DQNにビビる奴」「就活に失敗した奴」などなど、いわゆる「負け組」をあえてdisりつつも、「安心しろ。俺も似たような立場や」的な、生々しさと温かさで包みこむ歌詞が多いのである。

セイヤが非リア充な人間だったからこその着眼点の多い歌詞が多い。

なのに、ただ風刺するのではなく、コミカルさも取り散れるため、社会風刺な側面もあるけど、ギャグ的な側面もあって、そのバランスがまた巧みなのである。

また、若者や同世代のことはもちろんのこと、「泣くな親父」に代表されるように、おっさんや年上の世代をも代弁した歌も書けるのがせいの凄いところ。

なんだって歌にできちゃうのである。

なにより凄いのは、この業界でメシを食っている人間でありながら、あろうことか「細美武士」までもネタにしてしまったことである。

普通ならあんなムキムキなお方をネタにするなんて怖くてできないはずだが、セイヤはそれをやりきった(岡崎やヤバTはその辺り聡明だから、固有名詞を出すようなやばいマネはしないわけである)。

幸いなことに、セイヤはトシローにもホソミンにもボコボコにされず、なんとな30歳を迎えることができた。

というか、あんな歌詞書いておきながら、ちゃんと面と向かって挨拶できちゃう、メンタルの強さも流石なものである。

ね?セイヤって凄いでしょ?

スポンサーリンク

2.歌詞ではコミュ症なふりしてるけど、実は全然コミュ症じゃないところ

俺は非リア充であり、コミュ症である感を出しまくっているセイヤであるが、それはビジネスコミュ症であると言わざるをえない。

彼がどれだけ対バンでもイベントでも引っ張りダコなのかをみれば、それがわかるだろう。

彼がコミュニケーション能力に優れているのかことが、そこに雄弁に物語られている。

だって、セイヤがめっちゃ嫌な奴なら「俺のライブに出てくれや」なんて電話かかってこないし、「俺の対バンライブに出てくれや」って電話したら「いけたらいくわ」って言われて断られるに決まっている。

結論。セイヤはコミュ力ある疑惑。

それを物語るエピソードはまだある。

彼は、関西の夏フェスの雄的存在である、京都大作戦、ラッシュボール、オトダマに、同年で全て出演するという前代未聞の偉業を達成したのだ。

普通こんなこと、ありえない。

過去、この三つのイベント全てに一度でも出演することができたアーティストは東京スカパラダイスオーケストラ(名義違いを認めたら奥田民生も達成しているが)だけなのである。

でも、それは当然ながら年度違いの話だ。

同年で、その偉業を成し遂げたのは後にも先にもキュウソネコカミだけである。

なぜ、こんなことができたのか。

運営だって人間なわけで、呼ぶバンドを決めるうえで集客力も大切なわけだが、それ以上に大切にしているのは、このバンドに出てほしいという「気持ち」の部分だと思うわけだ。

キュウソに出て欲しい!と、どのイベンターにも思われたからこそ、全てのフェスに出演することができたのだ。

そんな人間が、コミュ症の代表格なわけないじゃん!という話なわけだ。

めっちゃくちゃコミュ力ありまくりで、色んなイベンターとめちゃくちゃ仲良しだからこそ、この偉業を達成できたわけだ。

アーティスト主催フェスをみてもそうだ。

先ほどの京都大作戦はもちろんのこと、ヨンフェスだって数少ない連続参戦バンドになってるし、SiMからもロットンからも主催フェス誘われている。

こんなに主催フェスに誘われてるバンドそうはいない。

みんなから愛されすぎやん!というわけである。

冗談抜きで、これだけみんなに誘われるバンドいないで、マジで。

3.意外と常識人

ラジオやライブなんかではめっちゃテンションあげまくりでうるせーって感じで、なんだか破天荒な人というイメージだが、実は普段はめっちゃ大人しくてただの常識人で、人のことを考えながら行動できる、普通の気遣い屋さんなのである。

つまり、その辺のええ感じの兄ちゃんというわけだ。

きっちりするところではきっちりして、頑張るところで頑張って、ボケるところはボケて、キャラとしての「キチガイ」感を出すわけだ。

だからこそ、イベンター的には「応援してあげたい」となるのかもしれない。

ああみえて、毎日ボイトレ通って、少しでも歌が上手くなるよう日々努力を積み重ねてるし、少しでも周りを喜ばせようと常にネタを考えてきたりしているし、献身的な日々を過ごすのがヤマサキセイヤなのである。

要は、努力家というわけだ。

ウィアーインディーズという歌を出した直後に、メジャーデビューを発表して、所詮ヤマサキセイヤも金儲け優先バンドか、なんて思われたりしたこともあったけど、違うのだ。

彼の魂はインディーズとかメジャーとか、そんな「立場」で変わるものではなかったのだ。

キュウソの他のメンバーは若干「俺ら、売れてるんやで」を顔に出してイキってるフシがあるが、セイヤは違う。

メジャーになってもインディーズの精神を忘れずに活動している。

そんな思いがあの歌に込められているのだ。

そんな思いを常に形にして行動できるからこそ、セイヤは凄いし、偉大なのだという話である。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket