LINEで送る
Pocket

RADWIMPSのドラマー山口智史が持病の悪化により活動を控え、無期限の休養期間に入ることが発表された。

スポンサーリンク

バンドのオフィシャルサイトによると、彼は2009年の「イルトコロニーTOUR 09」の最中に、フォーカルジストニアと呼ばれる神経性の症状を右足に発症。

その後リハビリを続け、回復と悪化を繰り返しながらツアーやレコーディングを行ってきたが、この夏症状が突然悪化した。本人の「もうステージには立てない」という申し出にメンバーは「ライブ中にドラムが止まっても自分たちは演奏を止めない。安心して叩いてほしい」と言葉をかけ続けたが、山口は心身ともに限界を迎え脱退を希望。

話し合いの結果、無期限の休養としてバンドに籍を残すことになった。

RADWIMPSは今年の11月23日でメジャーデビュー10周年。

これを記念したライブツアーはサポートドラマーを迎えて行われる。

ただただ対バンが豪華だとわくわくしていた10周年記念ツアーであったが、その様相が大きく変わってしまった。

おそらくドラマー山口としては、もうRADとして戻るつもりはないのであろう、今のところ。

しかし、彼らをRADに繋げとめるのはファンがいかに彼を望んでいるかを彼に伝えることだろうし、風向きが変わればもしかしたら病気が良い方向に改善する可能性だってある。

すぐには無理かもしれないが、メンバー全員か完全に諦めてしまうそのときまで、再び山口を迎えてライブができると信じて、RADの活動を見守っていきたい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket