LINEで送る
Pocket

おそらく今日はMステに出演するOKAMOTO’sの検索ワードが上位にやってくると予想されるので今のうちに記事をにひとつ仕込んでおこうと思う。

スポンサーリンク

そもそもこのバンド、ダウンタウンの浜ちゃんの息子がベースをやっている、という程度の認知しかない人も多いのではなかろうか。

所詮コネでここまでやってきたんだろうと冷ややかな視線を送る人も昔はいたようだが、聴けばわかる。

このバンド、その辺のバンドと比較しても圧倒的に演奏がうまい。

おまけに今時では珍しく洋楽風味を塗したバンドの音をしっかり聴かせるバンドとなっているのだ。

今時、ガレージロックはフェスでも流行らないし、そのわりに求められる技術のレベルは高いからやりないというバンドも多いのだが、オカモトズはあえてそれをチャレンジし、しっかり技術的に高いクオリティの楽曲を届けているのである。

メンバーは全員、オカモトという継承を付けているが、ほとんど下の名前で呼ぶことが多いので、あまり「オカモト」という言葉に意味はなくなっているかもしれない。

そんなオカモトズのオススメ曲であるが、2010年にリリースされたメジャーデビューアルバム「10’s」に収録されている曲はどれもオススメである。

そのなかでもBeekという楽曲はなかなかに聴きどころが多く、各々の楽器のプレイングも凄いのでぜひ聴いてほしい。

また、シングル曲であるJOYJOYJOYもノリノリのナンバーで聴いていて、楽しくなるのでオススメである。Let It Vというアルバムに収録されているので、こちらもぜひ。

とにかくアルバムを聴けば、演奏の良さがわかるし、ライブに聴けばもっと好きになること間違いなしである。

スポンサーリンク

いわゆるモッシュやダイブを起こさせるような作りの曲ではないが、聞き込めば聞き込むほど良さの出るスメル曲が多いので、ぜひ聴いてほしい。

image

LINEで送る
Pocket