LINEで送る
Pocket

FACTがサタニックで勇姿をみせた。

スポンサーリンク

今まで複数のステージが用意されているフェスにおいて「でかい方のステージのトリ」をしたことはなかったFACT。

最初で最後のでかフェスでのトリは、それはもう圧巻であった。

SEとして「haze」が流れる。

青い照明と白い煙がステージを邪悪に彩り、会場内にも緊張感が走る。

そして、彼らはやって来たのだ。

「行こうぜ! ぶっ壊せ!」とアジテートの声からライブをスタートする。

レーザー光線をはじめとする、映像的演出が素晴らしく、誰もが気合いをいれてこのライブに臨んだことがよくわかる。

ちなみにセトリこちら。

image

もはや筆舌に尽くしがたい素晴らしさがあったし、「バカみたいに当たり前に日が沈むし昇る。俺たちは今年“沈む”けど、また新しい日が昇ったらよろしくね!」と言って「sunset」を演奏し始めたら鳥肌だって止まらない。

もしかしたら何年か経てば、FACTをもう一度観ることができるのではないかというそんな期待にも満ちたライブであった。

終わったけど、再び始まったといえばKEMURIである。

そんなKEMURIは6月17日にベストアルバム「SKA BRAVO」をリリースする。

内容は以下の通り。

スポンサーリンク

01.New Generation(新録)
02.Prayer(新録)
03.I am proud
04.Standing in the rain
05.白いばら(新録)
06.ima-sorewo-hikarini-kaete-susume!
07.Ohichyo(新録)
08.Mr. SMILING
09.Slow Lights(新録)
10.SUNNY SIDE UP!
11.Ve-Ri-Ha
12.Ato-Ichinen(新録)
13.PMA (Positive Mental Attitude)(新録)
14.Along the longest way…(新録)

ほとんどの曲を新たに撮り直しするなど、既に音源を持っている人にとってもオススメできる内容となっている。

7月にはオリジナルアルバムの発売も決まっており、KEMURIの今後に目が離せない。

もう活動することはないと思っていたバンドでも戻ってくることがあるのだ。

FACTだってもしかするとそうなるかもしれない。

LINEで送る
Pocket