LINEで送る
Pocket

私はレディクレの回し者です。

スポンサーリンク

みたいな所が少なからずあるので、今日からちょこちょこレディクレ2015に出演するアーティストの紹介記事みたいなものをちょこちょこと書こうと思う。

んで、最初の記事は京都が生んだ最強のスリーピースバンド、10-FEET。

邦ロック好きなら知らない人はいないのではなかろうかというバンドである。

元々チケットが手に入れにくいフェスのひとつである京都大作戦を主催しているバンドであり、年間のフェス出演数の多さは毎年10本の指に入るほどのバンドである。

今年も早々にCDJとRCの出演を決定している。

そんな彼らの良さはキャッチャーな楽曲と、うるさいしたらこ唇だけど、優しくて男らしくてかっこいいTAKUMAを始めとするメンバーの暖かさではないかと思う。

そんな彼ら、シングルは14枚、オリジナルが7枚、コンピレーションは3枚リリースしている。

2012年の9月にアルバムをリリースしている新作のリリースはアナウンスされていない彼らではあるが、世に出している歌は100曲を超える。

デビューして15年ほど経っているわけで、そんなに曲があるならセトリを予測するのも大変だろうなと怖気付く人もいるかもしれない。

スポンサーリンク

安心してほしい。

10-FEETのセトリはほぼ固定なのである。

super stomper
VIBES BY VIBES
STONE COLD BREAK

RIVER
MONKEY
SHOES
その向こうへ
1sec.
goes on
2%
Freedom

まあ、この辺を抑えておけばまず安心である。

てま、実は10-FEETの楽曲はノリ方にパターンが決まりつつある。

例えば、RIVERのAメロの最初のワンフレーズのあとはエイ!エイ!エイ!と拳をつきあげながら気合いを入れていくが、次のフレーズのときには押し黙るのだ。

ビギナーは勢いで連続エイ!エイ!エイ!と言っちゃうのである。

 どういうことか。

歌詞を見ながらおさらいしていこう。

It’s just a waste of time if you can’t do anymore

このフレーズの歌い終わりをエイエイ言うのだ。

しかし、

Do your best and lay back and leave the rest to God

このフレーズの歌い終わりはエイエイを言わないのでる。

で、次の

意味と原因と偶然が個々に 

ここはエイエイ言うのである。

こんな感じでおきまりのパターンが10-FEETには存在しているのである。

他にも2%は音源に入っていない歌詞を歌ったりする。

「どうせ土に帰るなら がむしゃらに熱く生きろ今 。わずかな可能性に掛ける いく数パーセント」

という歌詞です。

これはまあ、ライブ版の2%を動画で見てもらったほうがいい気がするので、探してくださいな。

そんな10-FEET。

個人的にライブでやってほしい曲は

1.チャイニーズ・ヒーロー
2.LITTLE MORE THAN BEFORE
3.And Hug

どうかお願いします。

そんな感じの10-FEET。

とりあえず、しのごの言わずにライブみましょ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket