LINEで送る
Pocket

今年の夏のシングルリリースは邦ロック界においめ、近年稀にみるラインナップとなっている。

スポンサーリンク

モノアイズ率いる細美武士と、BRAHMANとkenさんと、DAの降谷建志が同じ年の同じ季節ひCDをリリースするのである。

おそらくこんな年、最初で最後でないだろうか。

90年代のロックを牽引していた彼らが今尚現役として新曲をリリースするの本当に凄いことだと思う。

今年は大作戦をはじめ、一同が集まっているフェスが多いので、彼らの名前でぜひ当ブログを検索してほしい。

予想以上に色んなフェス情報が引っかかるから。

逆に10-FEETがなかなか新譜を出さないのが気になるところである。

盟友ロットンは世界の終わりという新譜をリリースしたが、10-FEETはここのところ新譜がないのである。

一度、ニューシングルをリリースする話が去年の春頃にあったのだが、それがなくなってしまい、代わりに6featというカバーアルバムを発売することになったのである。

最新アルバム「thread」がリリースされたのは2012年の9月なわけで、「その向こうへ」が大作戦で歌われるようになって今年で3年の月日が経つことになる。

そろそろ、新作をお披露目してほしいものだが、どうなのだろうか。

怒髪天だって今年はニューシングルをリリースするのだ。ここはぜひ、ベテランロックバンドにもどんどん新譜をリリースして頂きたい。

LINEで送る
Pocket