LINEで送る
Pocket

FM802が主催するフェス、ロッキンレディオ。

スポンサーリンク

後方エリアのみチケット発売中ということだが、なかなかに激アツなメンバーが登場する。

今日から特集として、ロッキンレディオに出演するバンドに対する小話をしていけたらと思う。

第一回を飾るのは赤い公園。

本当にこのバンドは凄いのだ。

どう、凄いのか?

ガールズバンドの中でも一際存在感を放つ彼女ら。近年のガールズバンドはチャットモンチーをひとつの頂点とした、かわいいけど演奏はめっちゃくちゃかっこいい、というバンドが多かったように思う。ねごとやシシャモもなんかがなーんとなくその括りに入るような気がする。

だが、赤い公園は違う。

ダークなのにポップという近年の彼女らの音楽のスタンス。

彼女らがだしたアルバム「公園デビュー」から「猛烈リトミック」の流れを辿るとそれが実感される。

デビュー当時の彼女の曲は暗い曲が多かった。あえて、例えるならダーク系を前面に押し出しているときの椎名林檎の匂い。だが、その一方でドレスを身に纏いながら、人の上に乗っちゃうようなライブパフォーマンスもするパワフルさが彼女らにあったのだ。

そこから曲をだすごとにバンドサウンドに磨きをかけながら、メロディーラインが強化されていく。ギターの津野のソングライターとして能力がより成長としていって間違いないだろう。間違いなく、ロッキンレディオでも歌うと思われる「NOW ON AIR」がそれを象徴している。

アイドルとしての一面もあり、ファンによってはサイリウムをもってオタ芸をしながら盛り上がる人もいるのが、赤い公園のライブの特徴。だが、バンドとしても普通にかっこいいのだ。

ベースはやたらとエフェクターかかってるし、リズムの刻み方もパターンが豊富で、キーボードのように自由自在に音を変えるギター。

バンドの音作りもガールズバンドとしては一際抜きでてるのだ。

それなのに、メンバーにアイドル好きが多いからそういうテイストも取り入れている。

もうね、凄いんだよ。

赤い公園_今更_A

だから、ライブみて。とりあえず、さ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket