LINEで送る
Pocket

今回ご紹介するのはThe Mirraz。

スポンサーリンク

The Mirrazは2006年に結成された日本のロックバンド。当初はアクモンのパクリバンドだと言われていたほどバンドサウンドがよく似ており、本人たちも影響を受けていることを公言していた。

ただし、ミイラズは基本的にアルバムごとにカラーの変わっていくバンドであり、色んな海外バンドの要素を吸収しながら曲作りをしているので、今はデビュー当時とかなり変わっている。

特に「言いたいことはなくなった」以前と以後で大きく違う。

どこで息継ぎをしてるんだと不安になる畠山の肺活量ななせるメロディーラインを除けば、まったく違うバンドサウンドになったといっても過言ではない。

「言いたいことはなくなった」というアルバムからはメロディーが強くなった、どことないフランチャイズ感はなくなったのではないかと思う。

2012年にメジャーデビューも果たしたし、2013年にはMステの出演も果たしているのだ。

実は確実にキャリアの階段を駆け上っている。

ただし、Mステに出たフェス系のバンドの中でもっとも売れなかったバンドだと揶揄されるくらい、テレビ出演した事実は黙殺されている。

スポンサーリンク

でも、メジャーデビューとなった「僕らは」もMステに出演した際に歌った「真夏の屯田兵」もなかなかにかっこよく、畠山だからこそ歌い切ることのできるメロディーラインはなかなかに生かしている。

「僕らは」の大サビはなかなかに圧巻だし、意外とキャッチーなメロディーで一度耳に付いたらなかなか離れないことになる。

さて、そんなミイラズのオススメの楽器はなんだろうか。

「言いたいことはなくなった」に収録さされているラストナンバーという曲もおすすめだし、一番最近にリリースした「OPPORTUNITY」のブロタゴニストの一日という曲も良い。

be buried aliveというアルバムのゾンゾンゾンビーズなんかもおすすめなのだが、最近のライブではあんまり歌わないのかな。

とりあえず、アルバムとしては「選ばれてここに来たんじゃなく、選んでここに来たんだ」を聴けばいいと思う。純粋に良い楽曲が多いのだ。

ちなみにミイラズはライブパフォーマンスは普通なので、とりあえず楽曲がハマるかどうか。

聴けば中毒性がある歌が多いので、まずは通勤通学中に聴いてみて、自分の耳に合うか楽しめてみよう。

また、新作ではEDMを採用するなど、新たなサウンドの改革にも勤しんでいる。

それについて後日、追記する。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket