LINEで送る
Pocket

バンドにマスコットキャラクターはわりと定番になりがちである。

スポンサーリンク

そのマスコットキャラクターが「大乱闘スマッシュブラザーズ」をして、ガチンコで戦ったらどうなるのか。

当記事ではそんな妄想をしながら、バンドのマスコットキャラクターに一つ一つについて考えてみたい。

ニコル from BUMP OF CHICKEN

老若男女問わず絶大な人気を誇るBUMPのマスコットキャラクターであるニコル。

2016年に開催された初のドームツアーではニコルの人形もグッズとして発売されたわけだが、この白猫、とにかく銭を稼ぐのである。

確かにかわいい。

楕円形の顔と、顔の割に長い左右の3本の髭。

目はつぶらで、鼻は極力小さく、ゆるキャラにありがちのデフォルメ。

が、同じ白猫でキャラが被りそうなキティーちゃんと完全な差別化が行われてる。

要は、ノット没個性なのだ。

それを可能にしているのは、首に付けた赤と白の線が交互に入ったマフラーである。

これにより、ニコルはニコルというアイデンティティを獲得したのであり、どんな画力の絵描きさんでも安心してニコルが書けるようになったわけだ。

つまり、ニコル=マフラーなのである(怒られる)。

このキャラクター、具体的な設定などはないが、藤くんが作った猫の歌のイメージと重ねがちであるため、武闘派ではなさそうなイメージである。

スマブラという肉弾戦を挑まれたら、ボロボロになりながら戦い続けそうなイメージである。

くだけねこ from アルカラ

アルカラのボーカル、稲村さんが生み出したキャラクターである。

バンドマンはクソと言われがちななかで、すごく人が良いと評判の稲村さん。

生みの親が「良い人」なのだから、くだけねこもきっと良い奴なのだと思う。

ちなみに、アルカラは自主レーベルであるくだけねこレコーズというものも作っている。

このレコード会社の名前は、当然ながらくだけねこというキャラクターから取ったものである。

つまり、くだけねこからしてみたら、自分の名前がレコード会社になったというわけである。

凄いのだ、この猫は。

また、くだけねこをモチーフにしたグッズは多いが、そのなかでも、くだけねこの人形はなかなかにキチガイな商品である。

だって、この人形、聴こえてきた言葉をそのままおうむ返しで、復唱するのである。

一人きりの暗い部屋でも突然音に反応して勝手に喋りだしたりするのである。

マジでホラーなのである。

つまり、この人形は空気が読めないということであり、=くだけねこは空気が読めないと考えられる。

空気が読めないというのは良いことでもあり、闘争心が強いことも示しているわけで、スマブラという肉弾戦においても、その存在感を遺憾なく発揮するのではないかと期待できるキャラクターなのである。

ネズミくん from キュウソネコカミ

キュウソのグッズに必ず出てくるキャラクターであり、キュウソがサブカル女子の中で人気になった、最大の立役者と言っても過言ではない。

ちなみにキュウソのメンバーが生みの親でなく、まずたさえこというイラストレーターが生みの親である。

ちなみにますださんがキュウソのグッズを作ったのは2012年の話。

まだ、キュウソからメジャーデビューの「メ」の字も出てない頃からの付き合いなのである。

でも、このグッズが人気になったからキュウソが人気になったわけであり、ますださんがキュウソをメジャーデビューにさせたと言っても過言ではないと思う。

おそらくねずみがモチーフになったのは、キュウソネコカミという名前からだとは思うが、キャラクター業界における、鼠キャラにはライバルが多い。

ミッキーマウス然り、ピカチュウ然り。

スポンサーリンク

要はキャラクター業界において、「鼠」はレッドオーシャンなのである。

けれど、ネズミくんはそんな鼠キャラクター業界に彗星の如く現れ、瞬く間に人気者なり、バンドマスコットキャラクターの天下を取ったのである。

そんなこいつ、キティーちゃんばりにどんな仕事でも請け負うことで有名である。

バンドのグッズだけでなく、LINEスタンプにもなるし、Tポイントカードになっている。

たぶん他にも色々ある。

要は見た目通りずる賢いのである。

ってわけで、きっとスマブラという肉弾戦でも頭脳派な駆け引きをして、せこく勝ち抜いていきそうな気がする。

しょくぱんくん from UNISON SQUARE GARDEN

ユニゾンのボーカルの斎藤が生み出したキャラクター。

かわいいかはともかく、弱そうである。

戦闘力3くらいである。

ってか、むしろ斎藤自身がユニゾンのマスコットキャラクターじゃないかという説もある。

以上。

ズラー from GLAY

あのGLAYのマスコットキャラクターである。

なんかキモいけど、強そうである。

戦闘力は3500くらいありそうである。

腕相撲としたら、めっちゃ勝ちそうな気がする。

生みの親はボーカルのTERUらしい。

以上。

the LOW-ATUS

存在がキャラクター的な部分があるので、まさかのノミネートなのである。

二人とも半端なくムキムキで、ライブ前の待ち時間も筋トレしたり走り込みしたり、肉体作りに対する意識の高さが半端ないのである。

邦ロックバンドがスマブラのキャラクターになって殴り合いをしたら、奴らを止められるものはいないと思う。

結論。

彼らが一番のチートなのである。

まとめ

というわけで、色々とバンドのキャラクターについて考えてみた。

正直、昨今のバンドのキャラクターは女子ウケを狙いすぎてるフシがあり、グッズ化したりLINEスタンプになって小銭を稼ごうという魂胆が見え隠れしている。

ゆるキャラに見せながら実は腹黒いというのが、バンドのマスコットキャラクターの本質だったりするわけだ。

個人的には、そろそろ北斗の拳とかジョジョばりのハードボイルドなキャラクターが生まれてもいいのではないか、と思っている次第である。

けれど、やはり音楽に拘りを持つ人間よりも、顔ファンだったりミーハー根性丸出しの女子の方が、グッズを買ってくれるという傾向があるわけで、そういう女の子にコミットしたようなグッズやキャラクターばかりが量産されてしまうのも、また仕方がない話なのかもしれない。

けれど、バンドのマスコットキャラクターは悪いことばかりでもない。

というのも、絵の上手いイラストレーターでも、画力のない「画伯」の絵でも、同じ土俵に立たせられるという点で、競争ばかりが起きがちな現代社会において数少ない「差別のない世界」を作りあげるピースフルな存在なのである。

嗚呼、バンドのマスコットキャラクターよ、永遠なれ、って感じで、邦ロックが女ウケしている間は、どんどん色んなマスコットキャラクターが生まれてほしいし、そのマスコットキャラクターたちはどんどんとグッズで小銭を稼いでほしいものである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket