LINEで送る
Pocket

人とは違う音楽を聴きたい、というリスナーを心をくすぐることで、逆に大衆性を獲得して売れているバンドがいる。

スポンサーリンク

いま、日本の邦ロック界でそれをもっとも体現しているのは「ゲスの極み乙女」ではないだろうか。

初の全国流通アルバムである「ドレスの脱ぎ方」はジャズテイストにジャカジャカ感を織り交ぜながら、ベースやドラムなどの楽器隊が意外とかっちょいービートを刻む、って感じのバンドで、元々遊びバンドとして結成されたこともあって、表題の「ドレスを脱げ」をはじめ、「お遊びなのに完成度が高い」ところが支持される所以だった。

ボーカルとギターを担当する川谷絵音はそもそもindigo la Endのフロントマンとして活躍しており、indigoの川谷がなんか内職で別のバンドをはじめたぞ、っていう認識だった方もいるのではないだろうか。

が。

ある日、ゲスは売れてきたのだ。このお遊び感が、大衆のサブカル心をくすぐったのが最初のきっかけなのだろう。ただ、もうひとつの要因としてキャラ立ちというものがある。

そう。

ゲスのメンバーはキャラ立ちをしている。

普通、ファンでもなければボーカル以外のメンバーの顔などわからないものである。

スポンサーリンク

が、キーボードを担当するちゃんまりも、ベースを担当する休日課長も、ドラムを担当するいこか様もそれぞれがその存在感を出しており、ロッキンという括りの中ではそれぞれ別個を語るべき存在となっている。

たぶん。

なんかキャラの濃いちゃんまり。

きもくてベースがうまい課長。

かわいくてドSないこか様。

もちろん、絵音がサブカル女子からキャーキャー言われてるからこそ、成り立つものではある。もちろん。

ゲスは売れてからは本格的なメディア露出をはかり、それがことごとく成功している。

が、それにあわせてもうひとつ独特のうごきがある。

それは曲作りだ。

近年のバンドは「フェスで盛り上がる歌」を作ろうとする傾向が強い。

それをあえてしないバンドはロッキン界隈でもマニアックなバンドとして認知されることが多い。

が、ゲスは売れれば売れるほど、テンポを遅くし、ポップ色を強くし、メロディーラインを強化しているように感じる。

これは川谷絵音の策略なのだろう。

今のフェスブームが終わっても、バンドとして生き残れるように、曲を作っている。

ポスト・サカナクションといってもいいのではないかと感じるほど、エレクトロニックな方向に舵を切っている。

が、なおその支持は強くなる。キャラ、楽曲の強さ、メディア展開の仕方が全てうまく重なって評価されているのだろうが、その根底はみんなとは違うわたしをくすぐっているところにあることは確かだ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket