LINEで送る
Pocket

今回はオドループやSPM生活などでその名を知らしめたフレデリックというバンドを紹介しよう。

スポンサーリンク

まず、彼らは神戸出身である。4ピースバンド。

ボーカルギターとベースは双子の兄弟である。

2014年3月に初めて全国流通CDを発売。

それが「うちゅうにむちゅう」というアルバムだった。

死んだサカナのような
眼をしたサカナのような
生き方はしない
死んだサカナのような
眼をしたサカナのような
生き方はしない

という独特のフレーズと、一度聞いたらクセになってしまう中毒性のあるメロディーが絶妙にマッチした「SPAM生活」をはじめ、その辺バンドとは一線を超える空気感が話題を呼び、一躍人気者となる。

そして、2014年9月、そんな勢いが決定的となる曲をリリースする

「oddloop」というアルバムの発売だった。

表題曲ともなっている「オドループ」が話題沸騰となったわけだ。

YOUTUBEの再生数がそれを物語っている。

100万を超える再生数を記録したのだ。

スポンサーリンク

ここまでのメガヒットの要因は曲の中毒性もさることながら、上半身だけで踊る謎の女性のMVも大きく後押ししたのではなかろうか。

こうなると、次は一発屋という烙印が押されかねない空気になるが、そんな中、2015年5月6日に満を持してリリースされたアルバム「OWARASE NIGHT」がこれまた大ヒットとなった。

表題曲となっている「オワラセナイト」をはじめ、同じフレーズを繰り返しながら、独自の世界へ誘うフレデリックワールド全開のナンバーで目白押しなのだ。

フレデリックは決して曲のテンポが速いわけではなく、モッシュを発生されるようなタイプの曲は多くない。

つまり、本来ならフェスでは盛り上がりにくいバンドである。

だが、独特の世界が作られる歌詞とメロディーに引き込まれ、知らず知らずのうちにはまってしまうのがフレデリックの特徴なのだ。

ただ流行を追いかけるのではなく、自分の世界観を作ったところにフレデリックの凄さがあるのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket