LINEで送る
Pocket

※この記事はロッキンレディオ開催を記念して書きました。

今回取り上げるアーティストはWHITE ASHだ。

スポンサーリンク

けっこうイロモノが揃っている今回のロッキンレディオのメンツの中で、もっとも正統派音楽をしているような気がするこのバンド。

2006年に結成された彼ら。2013年にはメジャーデビューを果たしている。

位置づけとしてはオルタナティヴロックであるが、オルタナティヴだらけとなった昨今のロック界隈において、そこまでの斬新さはない気がする。

ボーカルののびたは昨年結婚を果たしている。

現在までにシングルは6枚、ミニアルバム2枚、フルアルバム2枚をリリースしている彼ら。

あのカウントダウンジャパンで規制になるほど人気の彼らであるが、人気の秘密はなんだろうか。

純粋に曲がかっこいいというのもあるだろうし、のび太という名前に似合わず実に女性的な伸びやかな声を出すボーカルの歌声かもしれない。実はのび太は見た目があのドラえもんののび太に似ているから付けられた名前なので、のび太の顔面からここまで美しいボーカルが出ているわけである。

ライブパフォーマンスはわりとノーマルで特筆する部分はないが、確かな技術力のあるバンドサウンドと、のび太の巧みな歌声が合わさるとそれだけで圧巻。あっという間に世界に引きずりこまれてしまうのだ。

おすすめ曲は『Velocity』。

この歌はシングル曲なのだが、アルバムには収録されていない。2013年にフルアルバムをリリースしたのだが、あえてシングル曲は一曲も収録しなかったのだ。バンドとして自信があるからできる芸当である。

2013年にリリースされた、現時点では最新となるアルバム「Ciao,Fake Kings」も彼らの魅力が詰まったアルバムとなっているので、ひとまずそれを必聴としよう。

とにかくも見逃せないバンドであることは間違いないので、ぜひチェックするべし。

images

LINEで送る
Pocket