LINEで送る
Pocket

sumikaの「ふっかつのじゅもん」の歌詞について書いてみたい。

スポンサーリンク

作詞:KENTA KATAOKA

毒喰らってしまっても
堪えて
光差す方 手の鳴る方へ
矢が刺さってしまっても
堪えて
強引にだって進んでいく

錆びた剣ならあるのさ
ずいぶん前に携えた

オギャーって生まれた時には
もっと光っていたっけな

勇者候補の皆様は
ずいぶん前に消え去った
世界はモンスターだらけ
ひとりぼっちで戦りあっている

逃げる事も多くなって
鞘の中いつの間にか
錆び付いていたりして

毒喰らってしまっても
堪えて
光差す方 手の鳴る方へ
矢が刺さって
倒れてもいつかは
会心の一撃見舞う

ヘイヘイ
倒せよモンスター
ふっかつのじゅもんを
唱えるよ

それでアイヤイヤイヤイ
猿になって 錆びた剣
振り回していくんだ

ヘイヘイ
倒せよモンスター
ふっかつのじゅもんを
唱えるよ

それでアイヤイヤイヤイ
猿になって
会心の一撃見舞う

ダウン ロー
スリーピーと重なり
臉もついに落ち切った

ダウン 綺麗な花に見とれ
無惨に綺麗に騙された

起きた時にはお金や
身ぐるみ全部なくなって

ゴミとみなされた
剣だけが横たわっているよ

勇者だけではない
世界の中で
未だ仲間には
出会えずにいるけど

毒喰らってしまっても
堪えて
光差す方 手の鳴る方へ

錆びた武器が唯一の装備でも
ドラゴンにだって挑んでいく

ヘイヘイ
倒せよモンスター
ふっかつのじゅもんを
唱えるよ

それでアイヤイヤイヤイ
サルになって
錆びた剣
振り回していくんだ

ヘイヘイ
倒せよモンスター
ふっかつのじゅもんを
唱えるよ

それで
アイヤイヤイヤイ
サルになって
一心不乱進んでいく

満身創痍勇者はそれでも
光差す方 手のなる方ヘ

心のままに自分騙さずに
信じる道ヘ高鳴る方ヘ

光差す方角には賢者や
魔法使いや戦士やシーフ

いばらの道の先 手を叩き
暴れるのを待っているんだぜ

ヘイヘイ ヘイヘイ
倒せよモンスター
ふっかつのじゅもんを唱えるよ

それでアイヤイヤイヤイ
サルになって
仲間と共に暴れてやろうぜ

ヘイヘイ
今日も明日も
信じた光を目指していく

それでアイヤイヤイヤイ
サルになって
会心の一撃見舞う
錆びた剣が光り出した

以上である。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket