LINEで送る
Pocket

良くも悪くも、すっかりゲスの極みの仕事ばかりが脚光を浴びている川谷絵音であるが、2月3日はインディゴとしても新譜を発売した。

スポンサーリンク

改めてみると、ゲスとインディゴの使い分けがうまい。

今回はそんな新譜である「心雨」にスポットを当てて歌詞をみていきたいと思う。

indigo la End
作詞:川谷絵音
作曲:川谷絵音

ごめんね、あなただけ
1人にさせてしまうかもしれない
左心房の炎が少しづつ消えかけてるの

左心房の炎=愛みたいな解釈でいいと思うが、あなただけ一人にさせるということは、自分は誰か既に相手を見つけているということでもある。

深くあなたのことを
考えれば考えるほど
感情が迸(ほとばし)った
わかんないよ

なのに、次にはわかんないよ、なんて言っている。

浮気をしているくせに何をほざいとるなんて叩かれそうなフレーズであるが、如何なものだろうか。

土砂降りの雨に打たれて
消えてく炎
私は1人泣く
土砂降りの雨に打たれて
どこかどこかと
居場所を探すのよ

ちなみに語尾に「の」とか「よ」を付けることで私=女のイメージを植え付けようとしている。

土砂降りの雨とかはまさしく比喩なわけだが、こんなベタベタな比喩もなかろう。

遅いよ気付くのが
今頃になって
部屋を探してるんでしょ
東京は豪雨で
この間に少しづつ

悲しみを土砂降りの雨と表現したこととなぞるように東京と豪雨と言っている。

部屋とは文字どおり自分の部屋なのか、はてさて、心のことを指しているのかが解釈のポイントとなる。

スポンサーリンク

この街で初めて愛して
この街で最後に愛した
あなたの触れた温度が
消えてゆく

この街で初めてと最後に、と言っていることから私は引っ越しをするのであろうか。

土砂降りの雨に打たれて
消えてく炎
私は1人泣く
土砂降りの雨に打たれても
心絶やさぬように

立ち尽くした2人は
流されようと必死で
そんな時に限って地に足がついた
「苦しいなら燃やせばいい」
最後に見えた青い光で互いを悟って涙した

土砂降りの雨に打たれて
消えてく炎
私は1人泣く
土砂降りの雨に打たれて
流るる心の嘘

土砂降りの
雨に打たれて
土砂降りの
雨に打たれて

まあ、あなたを忘れようとしただけ忘れられないという意味合いのことを幾つかの言葉で表現しているわけだが、あまり絵音の歌詞については良いことがない。

メロディーメーカーとしてのセンスは素晴らしいし、使い分けもすごいと思うが、こと歌詞に関してはまだまだだと思うのだ。

これが「切ない」と感じるとしたらそれほメロディーの仕業である。

なぜインディゴの歌が切なく感じるのか、今度はコードやメロディーからのアプローチで考えてみたい。

次の記事へつづく。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket