LINEで送る
Pocket

2017年は酉年だし、今は冬なので、BUMP OF CHICKENの「スノースマイル」の歌詞について考えてみたい。

スポンサーリンク

作詞:藤原基央
作曲:藤原基央

冬が寒くって 本当に良かった
君の冷えた左手を
僕の右ポケットに お招きする為の
この上ない程の 理由になるから

「冬が寒くて良かった」と思うことなんて今までなかったぞ!とお思いの方も多いかもしれないが、少なくともこの歌の主人公はそう思ったのだから許してやってほしい。

ちなみに、このフレーズだけ読むと、カップルである男女の甘酸っぱい恋愛ソングのように読めるのだが、藤君はこの歌は「恋愛歌」ではないことを公言している。

ということは、この描写は何らかの比喩であることが想定されるわけだが、果たしてどんな比喩となるのか。

歌詞の続きをみてみよう。

「雪が降ればいい」と 口を尖らせた
思い通りにはいかないさ
落ち葉を蹴飛ばすなよ 今にまた転ぶぞ
何で怒ってるのに 楽しそうなの?

ここでわかるのは二人のもとにはまだ雪が降っていないということである。

そして、この主人公は雪が降ることを切望しているのだが、決して雪は降らないということである。

まだ道に落ち葉が落ちているということは、12月ごろなのだろうか。

口では文句ばっかり言っているのに、手を繋いで歩いていることが嬉しいのか、楽しそうにしている君。

この光景を想像すれば、やっぱり恋愛ソングのようにみえる。

何ともいじらしい瞬間ではないか。

歌詞の続きをみてみよう。

まだキレイなままの 雪の絨毯に
二人で刻む 足跡の平行線
こんな夢物語 叶わなくたって
笑顔はこぼれてくる
雪の無い道に

キレイというの言葉をカタカナにしているところと、雪の降っていないはずのこの場所でわざわばざ雪の絨毯」というワードを使っているところがポイントである。

もしここが銀世界であれば、雪の絨毯に足跡の平行線が刻まれる描写はすんなりと想起できるのだが、先ほどの歌詞にもあったようにこの場所に雪は降っていない。

もちろんこの後のフレーズで、それは夢物語であることを述べるわけだが、なぜこんなことをいちいち強調したのだろうか。

そんな夢が叶わなくても君と一緒なら笑顔がこぼれてしまうよ、ということを報告するためだろうか。

でも、その想像は間違いであることが、次のフレーズで判明する。

2番の歌詞をみてみよう。

スポンサーリンク

二人で歩くには 少しコツがいる
君の歩幅は狭い
出来るだけ時間をかけて 景色を見ておくよ
振り返る君の居る景色を

ひとつのポケットにふたつの手を突っ込んで歩いているのだから、そりゃあ普通よりは歩きにくいと思う。

そんな状態で歩くことにコツもクソもないだろうと思わなくもないし、おまけにこの答えは歌詞中で開示されない。

おそらく君の歩幅は狭いので、僕も君の歩幅に合わせて歩く、つまり歩くスピードを遅くして合わせることが「コツ」なのだろうけど、そんなもんコツでも何でもないだろうと思わはなくもない。

さて、ここでポイントとなるのは、君の居る景色を振り返るというフレーズである。

振り返るのは僕である。

手を繋いでる僕が振り返って、君の居る景色みる、というのはカメラアングルから考えて少しおかしくないだろうか。

まるで、二人で手を繋いでる景色を別の僕が見ているような感じである。

つまり、手を繋いで歩いている二人という景色というのは幻であり、僕の頭の中にあるニセの景色なのではないかという想像。

それが意味することとは、、つまり…。

歌詞の続きをみてみよう。

まだ乾いたままの 空のカーテンに
二人で鳴らす 足音のオーケストラ
ほら夢物語 叶う前だって
笑顔は君がくれる
そんなの わかってる

空のカーテンとは、要は空が曇っているということなんだろうと思う。

青空が見えず、灰色の雲に覆われているわけである。

二人で鳴らす足音のオーケストラというのは、一番の歌詞に出てきた落ち葉を踏みしめる音のことなのか、はたまたここにはない幻の雪を踏みしめるときの音のことなのか、はたまたどこかで出来た水たまりを飛び込んだときの音のことなのか。

天気の描写はされていないが、空が曇っているということは、実は雨が降っている可能性もあるわけで、その水に濡れることを「オーケストラ」と表現している可能性もある。(まあ、雲のカーテンが乾いているのだから、そこから何も降ってはいないことを示しているのだが)

ただ、どの音であるにせよ、このフレーズ自体が「夢物語」であるということ。

雪が降ることだけが夢物語ではなく、二人でオーケストラをすることさえも「夢物語」だというのである。

君はもうここにいないことが、ここではっきりとするわけである。

「笑顔は君がくれる」とは、君のことを考えると僕は笑顔になれるということなわけだが、君と一緒にいるから笑顔になれているわけではないということ。

君のことを考えたら笑顔にはなれるんだ。

そんなことはわかっている。

けれど、それは裏を返せば、ここではもう僕は君と一緒に何かをして笑顔以外の感情をもらうことができない(例えば、喧嘩したり同じように涙を流したりすること)はできないことを暗示しているわけだ。

思い出はキレイなままだけど、それ以上の記憶を紡ぐことはもうできないのである。

続きの歌詞をみてみよう。

まだキレイなままの 雪の絨毯に
二人で刻む 足跡の平行線
そうさ夢物語 願わなくたって
笑顔は教えてくれた
僕の行く道を

夢物語の前につく修飾語が「そうさ」という言葉に変わる。

君と一緒にいることすら夢物語であることを告白したのだから、ふたりで一緒に雪の道を歩くことなんて、とんでもない「夢物語」であるというわけだ。

今さら「夢物語」であることをわざわざ言うのも憚れるが、それでも最後の最後までこれが「夢」物語であることをなお伝えるのである。

けれど、主人公は悲しんでいるわけではない。

君のいない僕は、ちゃんと君から次に行く道を教えてもらっているからである。

それは君の笑顔から見つけたものだ。

つまり、君との思い出が次の僕の道しるべになっているのだ。

スノースマイル=雪のような笑顔

それは冬が終わればなくなってしまう笑顔であり、冬という季節が終われば別れを告げなければならない笑顔だったのである。

春になってできる新しい道。

それは、まるで進学や新天地を匂わせる「新しい道」である。

こう読んでいくとわかるが、実は「ロストマン」なんかと通底する部分があるのである。

歌詞の続きをみてみよう。

君と出会えて 本当に良かった
同じ季節が巡る
僕の右ポケットに しまってた思い出は
やっぱりしまって歩くよ

君の居ない道を

君との出会い肯定的にとらえる主人公。

そこにもう君はいない。

けれど、君との思い出は心の右ポケットにしまって(大事に記憶の奥にしまって)歩き出すのである。

同じ季節が巡るということは、あれから1年が経ったということなのかもしれない。

また冬になったけれど、今年の冬は君はいないのである。

ところで、この「君」とは何者なのだろうか。

恋人のようにみえるけれど、恋人ではないとすれば、どんな仮説が立てられるだろうか。

ここを考える上でポイントなのは、この歌における「冬」というものと、「雪」というものの扱いである。

この言葉たちはそもそも何を意味しているのだろうか。

「天体観測」であれ、「ロストマン」であれ、藤くんは常に己の内面のことを歌ってきた人間である。

それを考慮すると、この歌も今の僕ともう一人の僕のことについて歌われた歌なのではないかと想像ができなくはないだろうか。

雪の絨毯のことを「綺麗」ではなく「キレイ」と表現しているということは、ここに比喩を忍ばせていることの暗示である。

雪の絨毯というものを、この主人公の人生そのものと捉えてみたらどうだろうか。

この主人公は辛いことがあり、人生がまるで雪が降る厳しい寒さのように辛いものだったのだ。

けれど、「ラフメイカー」が心の扉を叩いたように、「君」という人物がこの主人公の冷たい悲しみの冬を終わらせるためにやってきたのだ。

だから、雪の絨毯を歩くというのは、人生を歩んでいぬという言葉と同義なのだ。

これから人生の人生に足跡をつけていくから、まだ雪の絨毯はキレイなのであり、きれいを「綺麗」ではなく「キレイ」と表現するのは、そういう理由からだったわけだ。

そして、主人公が悲しみから立ち直り、君が消えたのだ。

僕の代わりに笑ってくれた君は、僕の悲しみを背負いこんで、僕に笑顔をくれたのである。

それこそ、「ラフメイカー」では僕と君の出会いを書いたわけだが、「スノースマイル」はそうやって出会った僕と君との別れの部分が主題と考えたら、想像しやすいのではないか(もちろん、ふたつの曲は別のことについて歌っている歌ではあるのだが)。

つまり、僕が悲しみから克服し、笑顔を取り戻すための歌、というような言い方をするのが、この記事の答えとなるだろうか。

もちろん、これが正しい答えだとは思わないけれど、本質として己の内面について歌われた歌という解釈は間違いないと思う。

そして、その本質は「アリア」や「アンサー」でも同じように受け継がれ、歌われているのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket