LINEで送る
Pocket

藤原基央の歌詞についての考察。

スポンサーリンク

次は藤原基央というより、ある楽曲について掘り下げて考えてみたい。

Kという歌である。

ファンにも根強い人気があるこの楽曲。インディーズ時代の楽曲でありながらベストにも収録されている。

この歌で最初に衝撃を受けたのはタイトルという人も少なくないのではなかろうか。

Kってどういう意味なんだろうと考えていると、最後のフレーズでその謎が解けるようになっている。

簡単に説明すると、黒猫が主人公であり、その黒猫は黒いゆえに嫌われものだった。

黒=夜=nightということで嫌われ者だったのだ。

だが、黒猫に最後あるアルファベットをプレゼントするのだ。

するとnightはknightになる。

knight=聖なる騎士という意味。

アルファベットひとつで忌み嫌っていたその意味が反転して、誇らしいものに変わるというトリック。

スポンサーリンク

そのアルファベットは歌詞中には明記されていないのだ。

そこで、タイトルがなぜKなのかがわかり、藤原の術にハマり衝撃を受けるわけである。

ここでポイントなのは、友達は黒猫に手紙を託すわけだ。

そして、黒猫は友達の恋人に手紙を渡す。

黒猫はそこで力尽き、ひとつのアルファベットと一緒にお墓に埋められるという話なのだが、この手紙には果たして何が書かれていたのだろうか。

実はこの手紙の内容ってキーポイントな気がする。

恋人はこの手紙を読んで黒猫をアルファベットと一緒に埋めたのか、自分の独断で埋めることにしたのか。

また、帰りをずっと待たせておきながら、最後まで帰ることのなかった絵描きが恋人に対してどんなメッセージを送ったのか。

内容によっては黒猫どころではない取り乱しをしそうなものだが、どうなのだろう。

実は元気にやっているよとウソを書いていたのかもしれない。

だとすると、恋人ちゃんは今後も絵描きのことを待つのだろうか。だとしたらあまりにも可哀相すぎやしないだろうか。

それとも、妙に恋人がサバサバしているから実は他の男と付き合っていたのではなかろうか。

そもそも僕の帰りを待っているというのは絵描きの勘違いだったという可能性も。

なんてことを考え出すとKという歌がいきなり昼ドラチックになってしまうのだ。

恐ろしい話である。

おそらく、藤くんはそこまで考えていないだろうし、潔白ならお話だとは思うので、余計なこと考えずに黒猫ちゃんに思いを馳せながら聴けばいいと思う。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket