LINEで送る
Pocket

欅坂46の「不協和音」の歌詞について書いてみたい。

スポンサーリンク

*歌詞については他サイトから確認してくださいな。

サイレントマジョリティーの続編のような歌詞であり、欅坂は他のアイドルとは違い「可愛い」には媚びない姿勢を色濃く打ち出したような楽曲となっている。

さて、我がサイトでは「サイレントマジョリティー」の歌詞についても一度考察を試みたことがある。

こちらがその記事である。

音の組み合わせには心地の良い組み合わせと心地の悪い組み合わせとなる。

心地の良い合わせといえば、コードであったりハモりなんかを聴けばわかると思う。

で、心地の悪い組み合わせは不協和音とは呼ばれるわけだ。

これはどちらかの音があるべき場所にいないではみ出てるから、変に聞こえるわけだ。

で、その「はみ出す」というモチーフをキーワードにして、前にならえをせずに「嫌だ」を突きつけることを不協和音と例えるわけである。

色濃くメッセージを出している歌だが、主張しているメッセージ内容は万人にもよくわかるものとなっているように思うし、「嫌だ」という言葉をここまでかっこよく消化できるのは欅坂坂46だからだと思われる。

ただし、一人になっても「イエス」と言い続ける、のでなく、みんなが前ならえにしても「ノー」を突きつけ「嫌だ」と答えることをメインにしたのはなぜだろう。

同じモチーフでも描き方や言葉の組み方は他にもあったように思われるわけだが。

これは欅坂に対するメディアの持ち上げ方ともリンクする話である。

欅坂は意図的に特別なアイドルであるかのような印象操作をしているように思うのだ。

特にセンターを張っている平手に対しては、特にその論調が強いように感じる。

つまり、欅坂はアイドルの中の「サイレントマジョリティー」であり、「不協和音」的な存在であるようにメディアもグルになって見せているように感じるわけだ。

別にそれが悪いとは言わないが、AKBなんかはプレイベートも全てドキュメンタリーにして商品していたという流れがあり、どこまでがフェイクでどれまでが素なのかわからなくさせるところまで彼女たちを消化させたわけである。

それにともない、アイドルは「こういうのがアイドルだよね」というのと、「こういうのはアイドルっぽくないよね」をというのを上手く使いながら、それぞれのアイドルたちは個性を出してきたわけだ。

ももクロであれベビメタであれ、メディアはどれだけ「アイドルを超えたアイドル」と呼んできたかわからないわけで。

そんななかで、違うベクトルで「今までと違うアイドル像」を打ち出すべく登場したのが欅坂であり、「サイレントマジョリティー」や「不協和音」はそのお膳立てであったというわけだ。

だから、「僕は一人になっても『イエス』と答える」ではなく、「嫌だ」とか「僕を倒してから行けよ」なんて言葉をメインに押し出した歌詞構成をしたのだと思うわけだ。

何度も言うが、別にそれは悪いことではない。

ただ、なんか「不協和音」という歌は、そういう秋元康の計算通り感があって、つい穿った眼差しで歌詞をみてしまうという、ただそれだけの話なのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket