前置き

スポンサーリンク

星野源の歌詞世界について語ろうと思う。

この記事はタイトルにあるように、歌詞に重点を置きながら、言葉を紡ぎたいと思う。

本編

星野源「SUN」をはじめとする歌詞の魅力、秘密、考察

星野源の歌詞の良さは色々とある。

そんな中で、ひとつと挙げられるのは、明るい曲のように見えて実は辛辣な言葉を並べていたり、暗い曲なのによく歌詞を見るとふふふと笑ってしまうような言葉を並べているところ。

要は、歌詞とメロディーにギャップがあるわけだ。

もっと言うと、暗い雰囲気の曲で歌詞も切ないとしても、歌ってる本人は笑いをとるつもりでこの歌を書いた、なんて公言していることもある。

有名なところでは「くだらないの中に」が挙げられる。

この歌はメロディーのせいもあるだろうが、泣きながら聴く人が多い。

星野源もライブではこの歌をしっとりと歌うものだから、余計に切なさが込み上げてきたりする。

しかし、当の星野源は「髪の毛の匂いをかいで臭いなんて笑うなんて面白いでしょー」というノリで、歌詞を書いているらしい。

「首筋がパンの匂い」という独特の言い回しも、笑いとろうとしたから書けた言葉だというのだ。

だが、聴いている側はこの曲に切なさを感じる。

そういう不思議なギャップを生ませるのが、星野源の楽曲の面白さなのである。

コミカルなPVと、テンポの良いリズムを刻む「地獄でなぜ悪い」も、歌詞を読むとなかなかにすごい。

閉塞された地獄を楽しいと感じて生きていくしかないなんてフレーズ、なかなか出てこないし、このバランス感覚は星野源ならではだよなーと思う。

ポジティブとネガティブの捻れ方が絶妙というか。

SUNもそういう捻れが魅力的

で、そろそろSUNの話をしようと思う。

この後も、歌詞やメロディーは明るく、曲調もポップである。

だから、単なるポップソングというか、底抜けた明るい曲のイメージが付きまとう。

が、ところどころに星野源特有の影のようなものを宿す。

このフレーズはそんな星野源のセンスがキラリと光る。

祈り届くなら
安らかな場所にいてよ
僕たちはいつか終わるから
踊る日は今

全体の歌詞を見ればわかるが、このフレーズがとても浮いているのだ。

全体的に明るいテイストのはずなのに、急に不安を煽るような、ドキリと感じさせてしまうフレーズをさらっと忍ばせるのだ。

この歌が単なる「僕と君のラブソング」ではないことを知らせる重要なフレーズとなるわけだ。

今まであった王道ポップな安心感はあっという間に崩れ去り、一瞬で終わりを予感させる不安な歌に早変わりしてしまうのだ。

まとめ

ここで、言いたいのは星野源のこのバランス感覚、すごいよねっていう話。

歌詞とメロディーに潜むギャップ。

あるいは、ポジティブとネガティブの捻れ。

そういう不均衡なバランス感覚を巧みに発揮させるからこそ、星野源の歌は一縄筋ではいかない、奥深い世界を創るのである。

おそるべし、である。

関連記事:クソって言いたい、星野源の「アイデア」評

関連記事:邦ロックを徹底解剖!星野源、サカナクション、ドロス、キュウソのサブカルロックと、10-FEET、ハイスタ、SiMなどに大別されるゴリゴリロック。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket