LINEで送る
Pocket

UNISON SQUARE GARDENがリリースしたニューアルバム、「Dr.Izzy」。

スポンサーリンク

そこに収録されている「mix juiceのいうとおり」の歌詞について取り上げてみたいと思う。

作詞:田淵智也
作曲:田淵智也

end of question?~お気に入り

end of questionとは疑問の終わりとかそんな意味だろうか。

疑問を片付けたはずなのに、まだ疑問が沸き起こるという感じか。

like an illusionとはイリュージョン(奇術)のようなものという意味だろう。

ハンプティダンプティとは不思議国のアリスとかに登場する変なキャラクターである。

こんなやつだ。

ハンプティダンプティは卵みたいなキャラクターであり、まさしく「半人前」のようなキャラクターである。

要は心も身体も半人前なくせに、意味問答ばっかりしているのね、あなた、とバカにしているのだ。

次のフレーズをみてみよう。

不安を生きる道理も~思いはしないかしら

日々を生きるということについて、現代人は不安を抱えながら保険をかけて生きているし、本音隠して保身に走るような生き方はまるでままごとみたいだと皮肉っているのである。

そんなことしないで、とりあえず希望だけ夢見て、いつかそれが叶うと信じて努力しながら日々を生きていく方が良いじゃんっといっているのだ。

贅沢な暇つぶしなんて言い方をしているが、保険をかけた言い方は勿体無い暇つぶしとなるので、後者の方を褒めているのである。

そして、サビである。

昨日の理想が今日~て眠らなくちゃ

trustとは信頼とか信頼って意味である。

昨日の理想とは夢とか希望の言い換えであり、夢が叶わなかったとか希望が潰えたとかそんなニュアンスになるわけだけど、それでも机の奥=心の中に仕舞い込もうといっているわけだ。

英語の和訳は心の中では信じたままで、みたいな意味合いになる。

ちゃちな理性とはくだらない知識のことであり、頭でっかちになって言い訳ばっかして行動しないくらいなら、何も考えずにとりあえずチャレンジする方がいいよといっているわけだ。

周りの陰口も無視して、進もうよといっている。

それをジューサースイッチが果実や牛乳なんかを混ぜてミックスジュースにするような光景に似ていて、それを比喩にしちゃうところが田淵の凄さである。

スポンサーリンク

2番をみてみよう。

last of mission?~おしなべて年を取る

最後のミッション?と問うてるが、ミッションは終わらないともいっている。

人生生きている限り問題は山積みで、ひとつ解決してももう終わったかな?と思ってもまたすぐにやって来るよと言っているわけだ。

これで終わりっしょ!なんて生意気言ってすみませんとは、誰が誰に言った言葉なんだよとツッコミたくなるが、その「わからなさ」こそがユニゾンの歌詞世界なのである。

explosionは爆発という意味である。

爆発という名のビッグバンが起こって宇宙は生まれたということにかけて、爆発は何かが生まれることを意味する言葉として使用され、そんなことを繰り返ししながら時代は創られていくといっているわけだ。

目先ばかりの興味~去っちまえ

目先の欲には興味がくて、もっと未来を見据えて大きな野暮を目論んでいるといっている。

ただし、私情はすぐに移ろいよくので、今はとても大事な夢も時間が経てばゴミになることだってある。

そんな心の移ろいを予報通りもないし、と表現しているわけだ。

で、にわか雨とは、突発的なトラブルのことだろうし、短絡さとは「努力すれば夢はきっと叶う!」みたいな安易な考え方のこであろう。

「一見でも断るはずないけれどエゴイズムで邪魔すんならいの一着で去っちまえ」

ここのフレーズがわかりにくいかもしれないが、、一見でも断るはずない、とはバカな人をみたからといって「おまえバカだな」みたいな頭ごなしに否定したりはしない、といっている。

ただし、これは逆接の「けれど」で繋げている。

要はあなたの考えがどんなバカなものでも否定はしないけれと、あなたのエゴのような考え方で俺のことを邪魔するなら、それは許さないぞ、すぐに立ち去ってしまえ、と怒っているわけである。

逆接を使うということは、当然の前の文章と後ろの文章の意味が逆になるわけで、そういうところに目をつければ、なんとなく意味が追えるのではないか。

今日の悲しみが明日を拒むなら~次の一歩は別物でしょ

そして、ここから一番の繰り返し。

不安を生きる道理~思いはしないかしら

そして、最後のサビである。

昨日の理想が今日~右往左往したい

以上である。

内容については後ほど追記する。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket